浅草サンバカーニバル2013

September 01, 2013 Sunday

IMGP6919.JPG

8月最後の土曜日。
浅草のサンバカーニバルを見てきました。

初めてのサンバ。駅前で売ってたパンフレット100円の知識でブログ書いてますので、細かいところは色々と間違いもあると思いますが、お手柔らかにお願いします。

サンバというと派手な格好で踊るダンサーが有名ですが、実はS1というトップグループのチームは1チーム数百人の大世帯。
踊る人以外にも様々な役割があるのです。

パンフレットによると、
先導役の「コミッサン・ヂ・フレンチ」
テーマを表現する集団 「テーマ・アーラ」
大きなスカートをはいた「バイアーナ」の隊列
フリーダムに踊りまくる「パシスタ」
チームの旗を持つ男女のペア「ポルタ・バンデイラ&メストレ・サマ」
トップダンサーの「ハイティーニャ・ダ・バテリア」
サンバのリズムを掻き鳴らす「バテリア」
派で派手な山車「アレゴリア」
で構成されるとのこと。

参加チームはS1とS2があって毎年審査員のポイントで入れ替えがあるらしい。
なんかJリーグみたい。華やかさの中に厳しさあり、それがレベルアップにつながるんでしょうね。

ふむふむ。
勉強になるな。

予習はこのくらいにして、写真を見ながら復習してみましょう。

まずはトップダンサー。

IMGP7723.JPG

胸のタスキが「ハイティーニャ・ダ・バテリア」の証です。

つづいてパシスタ。

IMGP7303.JPG

この人達が来ると会場は大盛り上がり。

IMGP7793.JPG

動きはかなりフリーダムなので写真を撮るのが難しいです。
激しく踊ってくれる場所と、移動中心の場所があるけど、それは運次第。

IMGP7575.JPG IMGP7393.JPG IMGP7124.JPG

IMGP7308.JPG IMGP7110.JPG IMGP7353.JPG


踊る人の中でもいかにもサンバっていう格好の人と、テーマに合わせてアレンジされた衣装の人がいます。
後者はテーマ・アーラなのかな?
正直、このあたりは見分け方が良くわかりませんでした。

IMGP7830.JPG

テーマに合わせた作った衣装がバリエーションに富んでて面白いです。

IMGP7965.JPG

金のピストルでバキューン。

IMGP6938.JPG IMGP6858.JPG IMGP6884.JPG IMGP7641.JPG

衣装的に一番見ごたえがあるのが旗持役のポルタ・バンデイラ&メストレ・サマ。
地味な役回りが多いチームの男性陣にとっては、この役が一番人気なんじゃないかな。

IMGP7808.JPG

それにしてもこの衣装。いったい幾らくらいかかっているのでしょう。
毎年、新調するのは小さいチームには大変そうですね。

IMGP7152.JPG IMGP7779.JPG IMGP7338.JPG

IMGP7924.JPG IMGP7871.JPG IMGP7506.JPG

続いては裾が広がったスカート軍団のバイアーナ。
お嬢様系の衣装が多くて、これはこれでいいのではないでしょうか。

IMGP7745.JPG

隊列になると絵になります。

IMGP7421.JPG IMGP7855.JPG 

IMGP7395.JPG IMGP7917.JPG

忘れちゃいけないバテリア
サンバのリズムは彼らの仕事。
目と耳で楽しむのがサンバ。

IMGP7927.JPG

S1のチームになるとバテリアも音だけではなく目でも楽しませてくれます。

IMGP7818.JPG

表情も豊かでサービス精神も旺盛。
このあたりがS1とS2の違いなのかな。

IMGP7635.JPG IMGP7567.JPG IMGP7343.JPG

この人たちもバテリア?
楽器演奏だけでなく、歌を歌う人もいます。

IMGP7115.JPG

気持ちよさそうですね。

IMGP7639.JPG

パレードの最後にやってくるのがアレゴリアです。

IMGP7489.JPG

各チーム趣向を凝らしていて見応えがあります。
テーマに合わせて作っているので、これも毎年作り直しなんだろうな。

IMGP7577.JPG IMGP7599.JPG IMGP7977.JPG

サンバって金食い虫です。

ざーっとチーム構成を説明してみましたが、最後に色んな人達をまとめてアップ。

IMGP7651.JPG

この彼、スタバの回し者ではありません。
彼らのチームのテーマ「農業」(コーヒー豆の収穫)を演じてるのです。

IMGP7064.JPG IMGP7218.JPG IMGP7933.JPG

IMGP7773.JPG IMGP7883.JPG IMGP7674.JPG 

IMGP7046.JPG IMGP6987.JPG IMGP7346.JPG

様々な役割の人が、自分の役を演じ切って、一つのテーマを表現するのがサンバ。
フリーダムに見えて、チームワークが無いとトップにはなれない。

そんなことを考えながら見てみるとより楽しめました。
パンフレットが有料?って思ったけど100円分の元は取ったかな。

最後に場所取りについてですが、雷門通りは殺気立ってるので馬道通りの方がまだマシです。
10時頃位行けば最前列を取れるでしょう。
もし出遅れてもバス停とか、横断歩道とかの交通規制前は立ち入り禁止の場所を狙えば何とかなるかもしれません。

馬道通りは西日が当たるとビルの陰になるので、写真を撮る人は低いビルの前に陣取ったほうが、いい光で撮れると思います。ミスドの前は陰になってしまって厳しかったです。

チームが表現するテーマのストーリーについても書きたかったのですが、長くなったので別記事で書くことにします。

8月の青〜ジンベイと泳ぐ夏

August 27, 2013 Tuesday

IMG_3752.JPG

今年のお盆休みはフィリピンのセブ島、ボホール島周辺のポイントでダイビング三昧でした。

ところが出発の前日に天気を調べたらフィリピンの真上に台風。
「じぇじぇじぇ!! 海が荒れて行けるポイントもかなり制限されるんだろうなぁ。」などと少しネガティブな気分で南国へ向かったのですが。。。

予想に反して海はベタなぎ。
狙った獲物は逃がさない、超ラッキーなダイビングとなったのでした。

一日目は空港のあるマクタン島沖のヒルトゥガン島でブランク解消ダイビング。
ここで見れるかも知れない大物はロウニンアジ。

IMG_3515.JPG

はい、出ましたロウニンアジ。
まだまだ若造な感じもしますが、幸先の良いスタート。

二日目の狙いはジンベイザメ。

IMG_3600.JPG

はい、出ましたジンベイザメ。
今までマンタ、マグロ、イルカ、カメ。。。。
様々な海の生物と泳ぎましたが、ジンベイと戯れるのは初めて。

IMG_3602.JPG

体長7mがゆったり泳ぐ姿は神秘的。

IMG_3645.JPG

ここはセブ島の南のオスロブというポイント。
実はここ漁師がジンベイを餌付けしてるのです。
なので遭遇率はほぼ100%

IMG_3622.JPG

この日は全部で10匹。
同時に2匹、3匹と視界に入ってきます。

一匹に気を取られていると、他のジンベイにぶつかりそうになったり。
右見て、左見て、上見てと常に周りを見てないと危ないくらいのジンベイ密度。

IMG_3615.JPG

水面越しに見上げる雲。
ジンベイが空を食べているよう。

さてジンベイの話はこのあたりで切り上げましょう。

3日目のポイントはバリカサグ島。
セブ島周辺でも屈指のポイントです。

一本目のターゲットはギンガメアジの群れ。

IMG_3803.JPG

はい、出ましたギンガメアジ。
ギンガメアジは漢字で書くと銀河目鯵。
まさに海中の天の川のよう。

IMG_3814.JPG

2本目の狙いはウミガメ。

IMG_3869.JPG

はい、出ましたウミガメ。
それもあちこちに。
海藻を食べているところはいい絵にならないので、泳いでるところをダブルでパチリ。

もうお腹も一杯のラストダイブの三本目。
狙いはバラクーダ。

IMG_3881.JPG

はい、出ましたバラクーダ。
11日ぶりだそうです。

IMG_3469.JPG

大物達の合間には、小魚天国をふわふわダイビング。
癒されるぅぅぅ。

IMG_3670.JPG

自然相手なので普通は狙っても全部を見れるわけではないのですが、今回は狙いの魚はすべて見れました。
調子にのって次回は「ダイオウイカ見せてよ」なんて言ってしまいそう。

こんな至れり尽くせりのダイビングを提供してくれたのは、
ブルーコーラルさん

毎日出る完熟マンゴーも最高でした。

東京を歩こう

July 28, 2013 Sunday

IMGP5819.JPG

春から健康のために会社のある浜松町から東京や気分次第で秋葉原まで歩いてます。
ダイエットになってるかどうかは別にして、歩くと電車や車ではわからないものが色々と見えてきますね。

IMGP6078.JPG

一番感じるのは江戸の面影。
国会や官庁街、日比谷、銀座とかつての江戸城の関係。
山手線ではわからない東京の形。

IMGP5821.JPG

そして東京での再開発の多さ。
虎の門ヒルズをはじめ、高いビルの建築があちこちで。

IMGP6094.JPG

寂れていく地方だと、つぶれたコンビニとかの跡地がいつまでも廃墟のように残ってるのですが、東京の中心はまだまだ活発に新陳代謝してるようです。

IMGP6258.JPG

もう一つは高齢化。
新宿とか渋谷は遊びに来た若い人が多いのですが、皇居の東側は落ち着いてます。
スタバとかも良く見ると結構年配の人が多いです。

でもそんな観光客ではない本当の東京人が地に足がついた感じでかっこいいんですよね。

IMGP6353.JPG

ここから下は夏っぽい写真を何枚か。

IMGP5951.JPG

世界遺産になった富士山をラベンダーと一緒に。

IMGP6181.JPG

佐倉のふるさと広場。
春はチューリップ、秋はコスモス。夏はヒマワリ。

IMGP6514.JPG

茂原の七夕祭りのイベントとして催されている「よさこい」

IMGP6531.JPG

最後は涼しげな写真で締め。

また来月会いましょう。

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。