最後の赤と始まりの赤

October 11, 2013 Friday

IMGP9272.JPG

先週の日曜日。
那須の姥ケ平の紅葉がピークと聞いて、真っ暗なうちから車を走らせていたのですが。。。

ですが。。。

動き続けるワイパー。天気予報は曇りなのに。
周りが薄ら明るくなってきて更に絶望。
曇ってる いや ガスってる+霧雨ってる。

ところがです。
雲の上に出るとそこは青空。

じぇじぇじぇ。
雲海の下と上では大違い。

IMGP9260.JPG

赤い衣をまとった那須の山がくっきり見えます。
天気予報外れやがった。にやり。

IMGP9274.JPG

天気がいいうちにとさっさと登らないと。
峠の茶屋の駐車場に車を止めて峰の茶屋後の避難小屋まで一気に登ります。

そして迷うことなく分岐を牛ヶ首へ。
山の天気は変わりやすい、急がなきゃ。

IMGP9306.JPG

硫黄の匂いにも負けずに辿り着いた牛ヶ首。
ここから見下ろす姥ケ平。

IMGP9313.JPG

グレーーーーーート!!

IMGP9360.JPG

久しぶりに文字を大きくしたくなるような紅葉。
それでも足りないので更にボールド。

IMGP9384.JPG

姥ケ平の休憩所で休んでると、さっきまで見えてた茶臼山にタイムオーバーのスクリーンが。
山の天気は変わりやすい&天気予報やっぱ当たるんだ的瞬間。

IMGP9414.JPG

雨も降りだしたので長居は無用。
来た道をそのまま戻って駐車場へ。

振り返るとまた山が姿を見せてくれました。

IMGP9423.JPG

うーん綺麗。
山頂でランチの人達も楽しめたんじゃないかな。

なんて思ってるうちにまた雲が。
移り気な女心と秋の空。

IMGP9429.JPG

まだ帰るには早かったので、温泉に入ってから美野澤の彼岸花群生地へ。
旬は過ぎてだいぶ褪せてたけど、遠目で見る分にはなかなか綺麗。

IMGP9430.JPG

なんとなく明日香を思い出すような風景です。
こういうの、日本の原風景というのでしょうか。

IMGP9441.JPG

IMGP9446.JPG

IMGP9456.JPG

始まった関東の紅葉と、シーズン終わりの彼岸花。
それぞれの赤。
秋の日本は綺麗だなぁ。

今回那須に登った一番の目的は登山靴の慣らし運転。
20年間お勤めご苦労様休暇で来週は屋久島に行ってきます。

雨の多い屋久島。
今回みたいに一瞬でもいいから自然が微笑んでくれるといいのですが。

夏が終わる前に

September 23, 2013 Monday

IMGP6548.JPG

駅から会社までの並木道。
せわしなく鳴くセミの数を数えながら歩いてました。
あと少しで二桁なんてときは、もしかしてセミ探し名人?なんて思ったりもしたのですが、9月になったころから急に減り始め、今ではすっかり秋の虫の音に。

昔、杉山清貴が「襟なしのシャツに10月が来ても夏は終わらない♪」なんて歌ってましたが、さすがに10月を夏というのは無理があるかな。

というわけで夏と呼べるギリギリのこの時期にアップできなかった夏写真を載せちゃいます。

IMGP6560.JPG

まずは8月頭の江戸川の花火。
混んでいるところに行く気合いが無くなってきたので、今年ちゃんと見た花火大会はこれだけ。

家から歩いて行ける気軽さがいいです。
花火に映し出される船がいい味出してくれるんですよね。

IMGP6575.JPG

露光間ズーーーム!!!
シャッターを開けてる間にズームリングをぐりぐり回すとこんな写真が。
偶然のアート?がこの写真。

IMGP6706.JPG

空を泳ぐ金魚のような花火。

アート? 金魚?

ときたところで無理やりつなげます。

日本橋のアートアクアリウム。
今日が最終日だったそうです。
相変わらず情報ブログとしては役立たずのこのブログ(汗)

IMGP6851.JPG

会社帰りだったのでカメラはQ。
鞄に入る小ささがいいです。

IMGP6872.JPG

この小ささで魚眼が使えるのもいいです。
やっぱり魚を取るなら魚眼でしょ。

IMGP6889.JPG

私事ですが。。。
実は先日家で飼ってた最後の金魚がお亡くなりになってしまいました。

奈良に転勤中に金魚の名所大和郡山で買った金魚。
東京に帰ってから早2年。奈良は遠くになりにけり。

IMGP6935.JPG

話を戻して、流行りのプロジェクトマッピングは金魚水槽にまで。
映像の中を泳ぐ金魚達は宙に浮かんでいるかのようでした。

突然ですがニュースです。
イスタンブールを破って東京でのオリンピック開催が決まりました。

IMGP6942.JPG

東京タワーもしばらく五輪カラー。
そのちょっと前はドラえもんカラーだったのに。
流行に敏感な東京タワー君。

IMGP6988.JPG

2020年。
そのとき僕は何歳。あーーー考えたくないなぁ。
織田信長の時代なら人生が終わってるかも知れない年齢だぁ。

IMGP8815.JPG

最後は台風の後の夕焼け。

嵐が去った後、ホッとして見上げる空。
台風のあとの夕焼けって実は狙い目なんです。

↑の写真よく見るとスカイツリーと富士山が写ってるのわかりますか?

IMGP8852.JPG

なんて駆け足で夏を振り返ってみましたが、気づけば10月も目前。
いよいよ2013年も最終四半期に突入です。

『半沢直樹』の最終回も終わり、今週は『あまちゃん』も最終週。

早ぇーーーーーー!!

浅草サンバカーニバル ストーリー編

September 08, 2013 Sunday

各チームのストーリーについてはまた今度と書いてから一週間が経ってしまいました。

やっぱりオリンピック東京開催のことを書きますなんてことはせず、約束通りサンバカーニバルの続編をお送りしたいと思います。

最初に紹介するのはG. R. E. S. 仲見世バルバロス。
このチームのテーマは「旅」〜世界を超えて〜

順位は三番目でしたが、テーマ的には一番わかりやすかったです。

IMGP7767.JPG

では世界の旅にBALに乗って出発です。
パンフレットに書いてあるのはテーマのタイトルだけ、以下の解釈はあくまでも僕の解釈なので、かなり妄想が入ってます。

IMGP7891.JPG

BALのチケット。
From ASAKUSA via AROUND THE WORD to ウチュウ
乗客名は ENDO MINASAMA/MR MS

遠藤美奈様ではなくて、沿道の皆様ですね。
気付くのにちょっと時間がかかりました。

IMGP7775.JPG

最初に現れたのはインディアン達。
この航空会社は時空を越えられるのでしょうか。
それともどこかのテーマパーク?

IMGP7787.JPG

続いてハワイへ。
団体で買い物して、写真撮って。
この手の集団、最近は中国人が幅聞かせてますね。

IMGP7788.JPG

ビョーンと飛んでブラジルへ。
ブラジルと言えばサッカー。

IMGP7800.JPG

No.No.No.
「ブラジルと言えばリオ。リオのカーニバルね」とばかりにダンサーが登場。

IMGP7806.JPG

大西洋を越えて、この格好はスペイン?
マドリッド。オリンピック残念でした。

IMGP7840.JPG

またまた太平洋を越えて自由の国アメリカへ。

昔に戻れるならコロンブスに言ってやりたいですね。
先住民族を何百万人も殺すのは「自由」ではないですよって。

ちょっと話がそれました。

IMGP7844.JPG

寒いところにやってきました。
ここはパタゴニア?それとも南極。

どっちも行きたーい。

IMGP7857.JPG

氷点下の世界にいたと思ったら、

IMGP7872.JPG

えっ?
エッフェル塔。またまたヨーロッパですか?
BALさん、こんなに遠回りして燃料代大丈夫。
燃油サーチャージ めちゃくちゃ高いんじゃないの。

IMGP7848.JPG

「お客様 これはマイレージをたくさん付けて差し上げたいという私どもの真心です。」
とキャビンアテンダントが登場。

「それに、これから飛ぶ距離を考えたら ふふふ」
なんだこの意味深な微笑みは。

IMGP7887.JPG

昭和世代の人ならわかりますよね。
この自転車、赤いパーカー。
バッグの中にはきっとあれが。

そう「E.T]

宇宙へ向かってGO.

IMGP7888.JPG

最終目的地 ウチュウでございます。
場所はお客様自身でお確かめください。

「宇宙の歩き方」の地図には間違いが多いので気を付けてくださいね。


次は優勝したG. R. E. S. Uniao Dos Amadores。
ここのテーマは「バグズ カーニバル」

プログラマー的にはバグ多発の先にあるのはカーニバルではなくデスマーチ。
すみません。また話がそれました。

IMGP7519.JPG

「バグズカーニバル」=「虫たちのお祭り」
ですが、
僕の脳内変換では
「バグズカーニバル」=「手のひらを太陽に」

僕らはみんな生きている。

IMGP7488.JPG

てんとう虫だって。

IMGP7528.JPG

カマキリだって。

IMGP7530.JPG

ダンゴムシだって。

IMGP7544.JPG

カタツムリだって。

IMGP7500.JPG

そして草の一本まで。
みんなみんな生きているんだ友達なんだ。

華やかな役をもらった人達だけでなく、それこそ草の一本一本にいたるまで皆が活き活きしてて、それが優勝という結果になったのではと思います。

パンフレットによるとこのチームは学生さんのチームみたい。

社会に出ると自分が評価されていないんじゃないかとか、自分が役に立ってないんじゃないかとか思い悩むこともあると思うけど、そのときはこの日のことを思い出して欲しいです。

僕らはみんな生きている。
あっ、しまった自分の中でテーマがすり替わってる(笑

2チームしか紹介出来ませんでしたが、テーマを見て自分なりにそれを解釈しながら見るのも楽しいですよ。

最後に酷暑の中、素敵なパフォーマンスを見せてくれた皆さん。
ありがとうございました。

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。