ボリビア旅行 サンライズウユニ そのあと異変が

February 11, 2014 Tuesday

IMGP1260.JPG

短期旅行者には時間がありません。
9日間のうちの4日間は移動ですから実質中5日。

星屑のウユニの興奮も冷めやらぬうちにサンライズウユニへ出発。
宿で寝たのが12時、3時半に起きて、4時出発。
ナポレオンかよ。

睡眠不足だと高山病に。。。。
えーい構うもんか。

IMGP1276.JPG

まだ薄暗いウユニ。
携帯の明かりでUYUNIと書こうとチャレンジしてみたのですが、結構難しい。
練習中に空が明るくなってしまいました。

IMGP1278.JPG

いいなぁ。
幻想的。

IMGP1303.JPG

標高の高いところの色彩って邪魔する者のない原色のイメージがありました。
日本では見ることのできない深い青。くっきりはっきりな風景。

IMGP1311.JPG

でもこの日のウユニは違いました。
とってもやわらかい、優しい色彩。
癒しのサンドイッチの中で迎える朝。

IMGP1321.JPG

↑の3枚の写真。
奥の方に小さく人が写ってるのわかりますか?
彼(彼女?)は誰もいない特等席に座り朝日の中にたたずんでいました。
多分途中で下してもらって帰りにピックアップしてもらうのだと思うけど、僕もやってみたかった。

でもスペイン語喋れないから一人で降ろしてもらったあとに置いてかれちゃったら怖いなぁ。

IMGP1294.JPG

振り向くとそこは青白い世界。
360度違う世界。
それが刻一刻と色を変えていく。

そのとき、その瞬間にしか見ることが出来ない自分だけのウユニ。

IMGP1348.JPG

明るくなったあとは、太陽と一緒にジャンプ。

IMGP1389.JPG

その後みんなでトリック写真を撮ったりして楽しい時間を過ごしたのですが。。。

はぁ、はぁ、はぁ、はぁ

あれれ、なんか息が。。。
頭もキーンってなってるような気が。。。

IMGP1405.JPG

帰りに寄ってもらった鉄道の墓場セメンタリオ。
まだボリビアに海があったときウユニの資源を港まで運ぶために作られた鉄道が、その後チリとの戦争でボリビアが負けて海を失ったので用無しになったものだそうです。

戦争で負けてなければ鉄道は今も活躍している代わりにウユニの塩湖はガンガン開発されて今のような景色は無かったかも知れません。

IMGP1409.JPG

錆びついた車両。
広大な大地にポツリと取り残されている感が最高。
これが○○鉄道博物館に置いてあったらふーんとしか思わないかも知れないけど。

IMGP1429.JPG

上にのぼーってイエーイなんて年甲斐もなくはしゃいでいたら、また来ました。
はぁ、はぁ、はぁ、はぁ。
そしてキーン。さらに眩暈。

完全にあれの症状です。

ペルーで散々体験したあれです。
寝不足で、ハードスケジュールで、高いところに行って、頑張って動きすぎるとなるといわれているあれです。

全然学習してないなぁ。

宿に戻ったら少し休もう。

ボリビア旅行 スターダストウユニ〜星屑のステージで

February 07, 2014 Friday

IMGP1193.JPG

日没後のウユニに。
ゆっくりと浸る間もなく夜がやってくる。

視界は良好。
宇宙(そら)との間にさえぎるものは何もない。

IMGP1232.JPG

ウユニで鏡張りが見れるのは雨季。
雨季は夕方から夜にかけて気温が下がり雲ができ雨が降ります。
雲が出るということは満天の星は見れません。
星を見たいなら素直に乾季に行けばいいのですが、それでは鏡張りは見れません、。

つまり鏡張りのスターダストウユニを見るのは難易度が高いのです。

IMGP1233.JPG

雲の他に邪魔になるのが月。
僕が行ったときは月齢が満月に近かったのですが、月の出が夜の10時だったので日没から10時まではベストコンディション。

一つまた一つと星が増えていき、気が付けばそこは星屑のステージ。

星屑のステージ♪ 涙を敷き詰めて♪
脳内ミュージックは懐かしのチェッカーズ。
年代的について来れない人はググってください。

IMGP1240.JPG

東京では絶対見れない星空だけでも感動ものなのに、それが映り込んで更に倍。
もうね。感動の涙を敷き詰めて鏡張りを作れそうな勢いです。

IMGP1246.JPG

これはもう星空というより宇宙です。
宇宙にサンドイッチされる幸せ。

IMGP1252.JPG

流星が綺麗だね♪ お前流した涙のようさ♪
↑の写真うっすらと流星が写っているのわかりますか?

飛行機を乗り継いで一発目のツアーでスターダストウユニを満喫。
ここですべての運を使い果たして、このあと首絞め強盗にでも会うんじゃないかなんてことを考えてしまうほど幸運なウユニ初日だったのでした。

次回はサンライズウユニです。

ボリビア旅行 サンセットウユニでヒャッハー!!

February 05, 2014 Wednesday

IMGP1120.JPG

一度は見たい絶景として有名なウユニ塩湖。
昔は南米を旅する人の間で口コミで伝わる知る人ぞ知る的な場所でしたが、ユニクロのCM以来人気がスパーク。
日本人の多いこと多いこと。
ラパス−ウユニの飛行機は日本人だらけ。

IMGP1126.JPG

ウユニ塩湖の鏡張りポイントに行くには旅行会社で車をチャーターするのが一番。
人数割りなので数名集まってグループを作る必要があるのですが、飛行機もおそらくバスも日本人だらけなので人を集めるのは簡単です。

塩湖の中の塩のホテルに泊まるツアーもありますが、塩のホテルの周りに水が無い場合もあるので、鏡張り狙いならばチャーターの方が確実です。

↑の写真は塩のホテルのあたりですが、僕が行ったときはまったく水が張ってませんでした。

IMGP1144.JPG

今回僕が利用したツアー会社は鏡張りポイントに詳しいという評判のホダカツアーさん。
評判通りいい感じに水が張ってるポイントに連れて行ってくれました。

おおおおおおーーー、これがウユニ。

うまく説明できませんが、この景色を見てたら ふなっしー の気持ちが少しわかったような気がしましたね。

なんかもうヒャッハーってジャンプしたい衝動MAX!!

IMGP1161.JPG

飛んじゃいました。
ヒャッハー!!

IMGP1152.JPG

みんなでカメハメ ヒャッハー!!

IMGP1164.JPG

点にしか見えませんがフラミンゴが飛んでます。
そして映ってます。
ヒャッハー!!

IMGP1171.JPG

夕陽に染められた雲も。

IMGP1174.JPG

島みたいに見えるけど、実は4000m超の山々も。

IMGP1208.JPG

すべてのものが巨大な鏡に映り込みます。
ヒャッハー!!

IMGP1219.JPG

そして夜にサンドイッチにされた昼が地平線の彼方に消えていくとサンセットウユニタイムはお終い。
スターダストウユニタイムの始まりです。

今日はここまで。
次回はスターダストウユニ。
ボリビア旅行。
起承転結を無視していきなりクライマックスです。


広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。