インド ジャイサルメールが呼んでいる

August 26, 2008 Tuesday

IMGP1292.jpg
camera:K100D+SIGMA 17-70mm F2.8-4.5 DC MACRO

「あれ、まだアラーム鳴ってないよなぁ。」
「今何時だろう」
「あれっ、7時過ぎてる」


うぉーーーーーーーーー!!

男が驚きの叫び声をあげたのは、重慶大厦(チョンキンマンション)の3rdフロアにある龍匯賓館。

TV版深夜特急で大沢たかおや撮影スタッフが泊まった宿だ。
撮影が行われた快樂招待所も見ておこうと思ったが、エレベータ待ちの列にめげた。

なんて話をしている余裕はない。
香港発デリー行きの飛行機が出るのは9時15分。
起きた時間がもう二時間前。

慌てて部屋を飛びだし、メトロ→香港版N'EXへ乗り換え空港に。

セーフ!!

IMAG0006 (2).jpg
Sea&Sea DX-8000G(Richo GX-8)

それにしても危なかった。
なにしろ起きたのではなく、たまたま目が覚めたのだから。

アラームの設定が月〜土になっていたのだ。
そして香港で朝を迎えたのは日曜日・・・・

7時過ぎに偶然目が覚めたから、インド旅行が香港旅行にならずに済んだけど、本当に危なかった。

宿の部屋番号が333。
飛行機のゲートが33でシートも33。

おもろー!!


------------ デリー到着 ----------------

デリーの空港から駅まで行くのが難しい。
男はそう聞いていた。

しかし・・・

男  「バスはいつきます?」
ポリス「1時だよ」

あっ、本当に1時丁度にバスが来た。
そしてすんなり駅へ。

こんなのインドじゃない!!
少し拍子ぬけした男だったのであった。

その夜の深夜特急でジャイサルメールに向かう予定だった男は、ニューデリー駅に着くと、セオリー通り外人向け切符売場へと向かった。

案の定「外人向け売り場はもうCLOSEだ」という怪しげなインド人が群がってくる。

ふっふっふ。
そんな初歩的な作戦に騙されるか。


男はまっすぐ外人向け切符売場へ向かった。



ガーン。
本当に閉まっていました。


日曜日は二時まで。

しかし男はめげなかった。
心はすでにジャイサルメール。

一般の切符売場に突撃。
「ジャイサルメール行きはオールド・デリーからだからこの駅では買えないよ」

男はもう意地になっていた。
こうなったらオールド・デリー駅に行くしかない。

IMGP1435.jpg
camera:K100D+SIGMA 17-70mm F2.8-4.5 DC MACRO

さてどうやって行こう。
怪しいリキシャじゃなくてメトロを使ってみよう。
男は安全策をとった。

・・・・
切符売場(自動ではない)の前には長い列。

並ぶこと20分。
あと三人になったときに、いきなり窓口がクローズ。

もう片方の窓口は開いていたけれども、もう並ぶ気力もなく、リキシャでオールド・デリー駅へ。

なかなか思い通りにいかないのがインド。

IMAG0012 (2).jpg
Sea&Sea DX-8000G(Richo GX-8)

オールド・デリー駅は人・人・人、そしてまた人。
インドって人口多すぎだろ。男は思った。

どこの窓口で切符を買えばいいのだろう。
取りあえず親切そうな人を探して聞いてみる。

オフィスは駅から離れているとかいう人はダウト。

三人目のおじさんが正しいと思われる窓口を教えてくれた。


「今晩のジャイサルメール行きください」

ようやくこのセリフを言える喜びを男は噛みしめていた。

「もう空いてる席はないよ」

・・・・

・・・・

・・・・

そんなぁ。
今、心が折れる音が聞こえました。

そんな男の悲しげな目を見て駅員さんは言いました。

「2Aの席が一つだけある。それでもいいか」

もちろんOK!!


勇者はジャイサルメール駅のチケットを手に入れた。
レベルが1あがった。


IMGP1454.jpg
camera:K100D+SIGMA 17-70mm F2.8-4.5 DC MACRO

ようやく確保できたシートで男は眠りについた。

目が覚めてからノンストップの一日。
こうして予定通りこの列車に乗っているは、幸運 いや 運命。

ジャイサルメールが呼んでいる。

いよいよ本当の旅が始まる。

インド 砂漠の城ジャイサルメール

August 29, 2008 Friday

IMGP1581.jpg
camera:K100D+SIGMA 17-70mm F2.8-4.5 DC MACRO

インドの北西部に位置するラジャスタンの西の果てジャイサルメール。
欧米人には人気の場所ですが、日本人には少し馴染みのない場所かもしれません。

ちなみにこのあたりです。





IMGP1563.jpg
camera:K100D+PENTAX DA35mm F2.8 Macro Limited

ジャイサルメールはタール砂漠の真ん中に位置し、旅人にとっては砂漠への入り口の街としても人気です。

ジャイサルメールとは、ジャイサル王が作った城という意味。
夕陽に染まると金色に輝いて見えることから、ゴールデンシティとも呼ばれています。

IMGP1469.jpg
camera:K100D+SIGMA 17-70mm F2.8-4.5 DC MACRO

このジャイサルメールも、次に行くジョードプルも城壁の中は中世そのもの。

現代に、街だけがタイムスリップしてドスンと落ちてきた。
そんな錯覚にさえとらわれてしまいます。

IMGP1487.jpg
camera:K100D+SIGMA 17-70mm F2.8-4.5 DC MACRO

牛さんだって観光するジャイサルメール。

何回かに分けて紹介しますので、しばらくジャイサルメール観光にお付き合いください。

インド 動物だってしんどいの

September 02, 2008 Tuesday

IMGP1714.jpg
camera:K100D+SIGMA 17-70mm F2.8-4.5 DC MACRO

ラジャスタンの夏は暑いです。
ピークは6月ですが、8月でも十分暑いです。

でも異常に暑かった日本の夏のおかげで僕は元気。

インドの動物たちの方がげんなりしていました。

ラクダ君だってこの通り。

IMGP1522.jpg
camera:K100D+PENTAX DA35mm F2.8 Macro Limited

野良牛だって小さくなって。

IMGP1538.jpg
camera:K100D+PENTAX DA35mm F2.8 Macro Limited

こんな犬なら恐怖症の僕でも大丈夫。
微妙に距離が遠いけど・・・・

「おーい、そこ涼しいの?」
「うぉーん、風がビュービューで最高さ」とぐったり犬。

IMGP1649.jpg
camera:K100D+SIGMA 17-70mm F2.8-4.5 DC MACRO

「おかげで今日もこんなに快便さ!!」

って、それ牛糞だし。


最近めっきりと涼しくなりましたが、今頃になって夏の疲れが出てきてませんか?
疲れても、福田元総理みたいに投げだしちゃダメですよ。

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。