インド 良い子は真似しちゃいけないスケジュール

August 18, 2008 Monday

IMGP2056.jpg
camera:K100D+SIGMA 17-70mm F2.8-4.5 DC MACRO

昨日の真夜中にインドから帰ってきて、今日は会社で死んでました。
海外旅行って帰ってから次の週末までが遠いんですよね。

以下が、長期休暇なのに全然休んでないおバカなスケジュール。
良い子は絶対にまねしてはいけません。

1日目 飛行機で香港へ 香港で一泊
2日目 朝 飛行機でデリーへ 鉄道チケットを買って夜行列車に乗り込む
3日目 ジャイサルメール着 安宿に泊まる キャメルサファリ申込み
4日目 キャメルサファリ1日目 炎天下ラクダに乗って 砂漠で寝る
5日目 キャメルサファリ2日目 戻ったら夜行列車でジョードプルへ
6日目 早朝ジョードプル着 安宿で一泊
7日目 鉄道でアグラへ 丸1日電車の中で過ごす 深夜アグラ着
8日目 アグラ観光後 バスでデリー 夕飯食べて空港へ
9日目 飛行機で関空へ 翌日はお仕事

ホテルに泊まった日が4日しかないし、帰りの飛行機はAM3:30だし。

あれっ。おかしいな。
長期出張で稼いだお金で豪遊するはずだったのに(笑

IMGP2218.jpg
camera:K100D+SIGMA 17-70mm F2.8-4.5 DC MACRO

超短期でラジャスタンを駆け抜けたわけですが、インド時間に逆らって旅すると、いろいろと特急料金がかかりますね。

ぼられるのとは違うけど、急ぐとどうしても時間をお金で買う旅になってしまいます。

そして悪人が多いとガイドブックに散々書いてあったインド人。
すごくいいインド人もすごく悪いインド人もいました。

すごく悪いといっても、いきなり人を刺したり首を絞めてくるような極悪なやつはもちろんいませんが。

いいインド人に会った時に、ゆっくりと親交を深められれば良かったのに、会っては別れの繰り返しになってしまったのが少し残念でした。

最後に会ったインド人なんて、まじで感動しましたもん。

そのあたりの話も含めて、これからぼちぼち更新していきますので、お楽しみに。
Tag:インド

インド 香港ナイト(表)

August 20, 2008 Wednesday

IMGP1302.jpg
camera:K100D+SIGMA 17-70mm F2.8-4.5 DC MACRO

僕が乗るキャセイパシフィック CX565が高度を下げていく。
久しぶりの海外旅行、耳がつーんとなる感覚が気持ちいい。

今回のインドは香港経由。一泊して翌朝インドに飛ぶ。
いざ香港へ。

なんて思っていたら実はまだ台湾でした。
台湾も経由するなんて知らなかったぁ。

結構時間があったので飛行機から降りたら手荷物検査があって、せっかく買っておいた水を没収されてしまった間抜けな僕だったのでした。

IMGP1298.jpg
camera:K100D+SIGMA 17-70mm F2.8-4.5 DC MACRO

そんなこんなで香港に着き、ホテルを探して落ち着いたのはもう夕暮れ時。

「ビクトリアピーク夜景を見てから、九龍側に戻って、シンフォニー・オブ・ライトという光と音のショーを見るといいよ」なんて、香港通の友達に事前レクチャーを受けていたのですが、ビクトリアピークはあきらめて、九龍側のベイエリアをぶらぶら。

IMGP1361.jpg
camera:K100D+SIGMA 17-70mm F2.8-4.5 DC MACRO

100万ドルだかどうかは別にして綺麗な夜景。
空気汚染で昔よりもぼんやりしてしまったそうだけど、それでもまだまだきれいです。

シンフォニー・オブ・ライトが始まるのは夜の8時から。
時間になると音楽が流れ、ビルがチカチカと光り、レーザービームが空を撃ち抜きます。

下の写真、そーっとマウスを乗せてみてください。
音楽はセルフサービスでお願いします。


hn7.jpg

次回は香港の夜(裏) です。

それほど怪しくはありませんが・・・
Tag:夜景 香港

インド 香港ナイト(裏)

August 23, 2008 Saturday

IMGP1429.jpg
camera:K100D+SIGMA 17-70mm F2.8-4.5 DC MACRO

ネオンきらめく夜の街。
お洒落なプロムナードが表だとするとこっちは裏の香港?

いや、伝統から言えば、こっちの方が本当の香港なのかも知れませんね。

IMGP1424.jpg
camera:K100D+PENTAX DA35mm F2.8 Macro Limited

そんな街中でエネルギーを生み出す場所といえば、それは食堂。
喧噪のなかに、パワーを感じる空間。

IMGP1415.jpg
camera:K100D+PENTAX DA35mm F2.8 Macro Limited

僕は漢字が並んだメニューとにらめっこ。
小さなお店なのに、いったい何種類の○○麺があるのでしょう。

じろじろ眺めた結果、結局一番上の雲呑麺を頼む僕。
香港の定番。冒険心が足りなかったかなぁ。

それにしても、たかが麺、されど麺。
香港の深さを感じます。

IMGP1426.jpg
camera:K100D+PENTAX DA35mm F2.8 Macro Limited

次に目に飛び込んできたのは、
「Welcome To Men's Paradise」

いやそっちではなくて、
「いらっしゼいませ ずとてのぺうくろ」

「いらっしゼいませ」くらいはまだ許そう。

「ずとて」ってなに?
「ぺうくろ」ってなに?

どうしてこうなっちゃったの?

香港の深さを感じます。

IMAG001a0.jpg
Sea&Sea DX-8000G(Richo GX-8)

そんな香港パワーの中で、メイド・イン・ジャパンも頑張っていました。

日本が誇る痩身技術、日本先端の豊胸手術・・・・

精密工業でも、アニメでも、柔道でも、カラオケでもなく、香港人の憧れる日本の技術はこっち系なのかも知れません。


まだまだ奥が深そうな香港。
でも明日からのことを考えて、早めに引き揚げる大人の僕だったのでした。

もしここで夜更かししていたら・・・
きっととんでもない悲劇が・・・

その話はまた次回。
Tag:香港 夜景

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。