ペルー コンドルは飛んでいく

May 21, 2005 Saturday

CRW_0414.jpg

コルカ峡谷は一番深いところで1300m。
世界でもっとも深い峡谷とされています。

でもここに行く人の一番の目的はなんといっても野生のコンドルです。
さて本当彼らに出会えるのでしょうか? そればかりは時の運。

今回の旅行、チチカカ湖に行くか、コルカ峡谷に行くか最後まで悩みました。
チチカカ湖はボリビアとからめてまたいつに日にかってこともあると思うけど、コルカ峡谷目当てにもう一度ペルーっていうのは無いだろうなと思って、今回はコルカをチョイス。

きっと一羽も見れずに終わったら、少なからずそのチョイスを後悔したことでしょう。

IMG_0500.jpg

しかしその心配は全く無用でした。
無舗装の道にガタガタ揺られながら、朝8時過ぎにクルス・デル・コンドル(展望台)に到着。
既に集まっている観光客の向こうを優雅に飛ぶ鳥が4羽。

「おー、あれがコンドルかぁ」

若い茶色のコンドルなんて、近くの岩にとまってくれたりしてもうサービス満点。
時間とともにコンドルの数も増えていき、ふと気付けば視界の中に10羽以上のコンドルが乱舞していました。

IMG_0467.jpg
茶色い若造よりも、格好良かったのは白黒のコンドルです。

「自分、不器用ですから。飛ぶことしか出来ませんから」

と、羽ばたきもせず静かに流れるように滑走してくる彼らはまるで鳥類の高倉健
頭上近くを飛んだときの、ザーっという風切り音はもう鳥肌もんでした。


こんなに大量にコンドルを見れる機会はなかなか無いようで、すごくラッキーだったと思います。
小笠原でのマンタ遭遇以来、動物運はばっちしです。

強いて残念だったことを言うと、あまりにたくさん見れてしまったので、希少価値を実感できなかったこと。
横浜港のカモメ並に、当たり前のように見れてしまいましたから。

なんて贅沢を言えるくらい、至福の時間を過ごせたのでした。

ペルー 素朴な街チバイ

May 23, 2005 Monday

CRW_0383.jpg

一泊二日のコルカツアーは、チバイという街で一泊します。
この街の高さは3700m。ほぼ富士山頂と同じ高さです。

何も無いけど、美しい山に囲まれた、とっても素朴な街。
空は青く、耳を澄ますと子供達の遊ぶ声が聞こえてきます。

僕が泊まったホテルは街のはずれ。
温泉に向かうまでの、短いフリー時間にふらっと周辺を散策してみました。

ペルーの街の中心は、どの街でもアルマス広場です。
出来ればそこまで行ってみたかったのですが、地図も無く、そもそも自分のホテルがどのあたりに位置しているのかもまったくわからなかったので断念。

あとでツアーの車でアルマス広場の近くを通ったとき、民族衣装の人をたくさん見て、やっぱり行っておけばよかったと少し後悔しました。

小さい街なので、ホテルからアルマス市場までは実は意外と近かったのです。

これぞアンデスの街といった風情のあるチバイ。
時間があればもう少しのんびりしたかった街です。

IMG_0080.jpg

ペルー アレキパで休息を

May 24, 2005 Tuesday

CRW_0620.jpg

日本を出てからノンストップだったこの旅行。
ようやく一息つけたのが白い街アレキパでした。

ここの高さは2400m。
太陽の光がふりそそぐ明るい街。
アルマス広場でボケーっとして、美味しい物を食べれば、高山病もふっとびます。

CRW_0546.jpg

美味しいものといえば、ここでは面白いことがありました。

アルマス広場のカテドラルに向かって左側の建物にはたくさんのレストランが入っています。
ここでは二階のオープンテラスから広場を一望しながら食事ができるのです。

今日のメニュー(セット)が10ソーレス(3ドル強)だというので、その店に決めて二階へ。
コルカ峡谷でみかけた日本人がいたので合い席させてもらいました。

ところが持ってきたメニューは超高級
単品でも30ソーレスオーバー。
「あれっ、ちょっと違う」

オープンテラスに仕切りはありませんが、よく見るとテーブルが違います。
実は、そこはもう別の店

仕方なく境界をはさんで座り、僕は10ソーレスランチを食べたのでした。

貧乏人と金持ちを分ける見えない境界線

その後、クスコでお腹を壊してしまったので、ここではもうちょっと奮発してしまっても良かったかも。

CRW_0536.jpg

アレキパは宿も良かったです。
中庭つきのコロニアル形式のホテルがたったの15$
ここが今回の旅行で一番の高級ホテル

日本を出てから初めて熟睡し、完全復活と思われたのですが。。。(つづく)

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。