カンボジア 騙されるところだった

January 28, 2005 Friday

Img_9306.jpg オールドマーケットの反対側にある一軒のコンビニ。

マーケットに気を惹かれていた僕は、「カンボジアにもセブンイレブンがあるんだ」くらいにしか、その店の事を気に留めていませんでした。

恐らく大抵の人はこの店をみたらセブンイレブンだと思うでしょう。
一目で違いに気付くのは、「セブンイレブンのロゴってELEVEnのnだけ小文字なんだよ」なんて得意気に話す極々一部のコンビマニアだけに違いありません。

691e1975ef8e33c6774cf3fb7f6d7584[1].png
 こっちが本家本元。
 ちょっと前にHONDAに訴えられて敗訴した中国のHONGDAっていうバイクメーカーがあったけど、本当に気をつけないと油断も隙もありませんね。

でもこういうの実は意外と好きだったりします。

Good Job 「セブンブライト」

シェムリアプ 平凡はおいくらですか?

January 31, 2005 Monday

Image22.jpg

シェムリアプの南東のロリュオス遺跡群の帰りに通りかかった市場で、僕はバイタクを止めました。
街の中心にあるオールドマーケットより広く、より庶民的な市場は、僕にとっては興味深々の場所です。

働く人、眠る人、食べる人、笑う人。
そんな僕にとっては愛すべき平凡も、バイクの運ちゃんにとってはありきたりの日常なのでしょう。
なんでこんなところに興味を持つのか不思議に思ったようです。

思えば僕も学生の頃は退屈な平凡よりも、わくわくする特別が好きでした。
けれど平凡の偉大さがわかってきた今は、市場にあるような平凡をとっても素敵に感じます。

でも自分の日常を考えると。。。
もしかしたら僕はとびっきり特別な平凡に憧れているだけなのかも知れませんね。

カンボジア アンコールを見渡せる場所

February 03, 2005 Thursday

CRW_8628.jpg

長く続いたカンボジア集中アップも今回でひとまずお終いです。

最後を飾るのはアンコール遺跡群で一番有名なサンセットポイントのプノンバケン
プノンバケンはアンコールワットの近くにある高さ60mほどの丘で、その上から360度ぐるっと地平線(アンコール・ワット付き)を見ることができ、地球の丸さを実感できる場所です。

夕暮れ時になると、それまであちこちに散らばっていた人達が集結しだすので、丘に登る坂道は大混雑です。

日本人は特に夕陽好きな人種のようで、夕方になると知らず知らずのうちに集まっていること良くあります。

気に入った場所を見つけ、腰をおろすと「あっ」という声がしたので振り向いてみると、そこにいたのはタ・ブロムで会ったesplanadeさん(別名jibさん)。

更に「ここいいんじゃない?」なんて喋りながら隣に座ってきたカップルは、なんとアンコール・ワットで朝日を見たときに知り合った二人組。

お互い気付いて近くに来たわけじゃなく、まったくの偶然だったので本当にびっくり。

そうこうしているうちに地平線にではなく、低い雲の中に消えていく太陽。
結局3日間とも地平線へのサンセットは見ることが出来なかったけど、空の色が綺麗だったので(本当はかなり悔しいのですが)良しとしましょう。

112815f7e3cd276cadc52dbdfc5a38d2[1].jpg

日が沈んだあとも刻一刻と変わっていく空の色。
本当ならばここからが本番。
このまま星が出るまで、ボーっと空を見ていたいのですが、帰り道には急な階段+石だらけの坂が待っています。
懐中電灯を持っていない人は、暗くならないうちに下りるのが正解でしょう。

04c114b85e11459375e6cb6dee83c3b7[1].jpg
日が沈む方向の反対側には、ジャングルの中にたたずむアンコール・ワットの姿を見ることができます。
映画「地雷を踏んだらさようなら」で一之瀬泰三がアンコール・ワットを眺めた場所がここです。

僕のラストアンコール・ワットは翌朝でしたが、それでもなかなか立ち去りがたいものがありました。

最後にプノンバケンでの夕陽鑑賞の三か条
1.歩きやすい靴をはきましょう(サンダルだと危ないです)
2.最後まで粘る人は懐中電灯を持っていきましょう
3.バイタクの運ちゃんとの待ち合わせ場所はしっかり決めておきましょう


これさえ守ればもうバッチリ。
あとは綺麗な夕陽をお楽しみください。

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。