北京 火鍋一族

January 10, 2005 Monday

火鍋一族

今日はみっこさんの「LIFE IS NOT TOO BAD...」の火鍋ネタにトラックバック。

上の写真は、数年前に北京に行った時に買ってきたお土産です。
中でも気に入ったのが「火鍋一族」
友達にあげてしまったので、どんな味かはわからないのだけど、どうも鍋に入れる健康食の詰め合わせのようなものみたいです。

まぁ中身がどんなものかなんてことは、どうでも良くって、問題はこのネーミング。
「火鍋一族」ですよ!! 「火鍋一族」

そんな一族が本当にいたら、一度でいいから一緒に鍋をつついてみたいです。

東京ラブストーリー
ついでに、北京のおみやげ第二段。
「東京愛情故事」のCD
4枚組と超豪華ですが、ビデオCDでも、もちろんDVDでもなく、Windowsで再生できる動画ファイルがそのままCD−Rに焼いてあるという怪しい代物です。

台詞は日本語、字幕は中国語。

バリバリの海賊版ですが、「真人版」ってどういう意味なんでしょう?

北京はあやしいものたくさんの楽しい街でした。

北京 伝統とモダンの競演

February 25, 2005 Friday

Beijing281.jpg

僕が北京に行ったのは2000年の春のこと。
もう4年前になってしまいました。

写真は北京駅前を走る人力車。
新しさと古さが両立している街。

あと4年で、北京でオリンピックが行われます。
それに向けた再開発で、古き北京は、どんどん消えていっているそうです。

北京にオリンピックの火がともるとき、
この街はどんな街になっているのでしょうか?

北京 哀しい贅沢

March 11, 2005 Friday

a730015230c208a70a7c7fd83cd6b377[1].jpg

北京郊外に位置する離宮 頤和園(いわえん)

アヘン戦争でイギリス軍に破壊されたあと、有名な西大后によって修復されました。
このときの修復費用に莫大な軍事費が流用されたため、国が弱体化し日清戦争に敗れたとも言われてます。
当時の日本みたいに軍事最優先主義が良かったかといえば、それはそれで違うような気がしますが。

では、国を傾けるほどの贅沢というのは、どんなもんなのでしょう。

プール付きの豪邸? そんなの小さい小さい。頤和園は湖付きです。
それも湖のほとりに建てたのでは無く人口の湖なのです。

湖には船。それでは豪華絢爛な絶対に沈まない石の船を作ってしまいましょう。

景色が綺麗な場所が欲しい。だったら湖を掘ったときの土で、山を作ってしまいましょう。

もうやりたい放題ですね。

そんな頤和園の片隅に江南の蘇州の街を模した蘇州街があります。
皇帝が庶民と一緒に運河で買い物なんてできません。
そこで、皇帝が買い物遊びをするために、なんと運河と街を離宮内に作ってしまったのです。

映画ラストエンペラーで、幼少の溥儀が、籠の中の蟋蟀(こおろぎ)に自分を思うシーンがありました。

どんなに浪費しても、哀しいかな、それは籠の中の贅沢
皇帝達が本当に欲しかった物はお金で買えたのでしょうか?

6a3acc4f38e27939654d30a12f26c6fc[1].jpg

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。