カピレイラ−のどかな楽園に昔の王を偲ぶ

August 26, 2004 Thursday

2004-08-09_22.30.44.jpg
camera:canon EOS Kiss Digital

アルハンブラ宮殿の背後にそそり立つ山並み、それがシエラ・ネバダ山脈です。
その中腹にある街がカピレイラ。白い家に青い空、吹き抜ける涼風。さらに生ハムと水が最高に美味しいときたら、これはもう最高の避暑地です。

2004-08-09_20.25.00_ISO200.jpg
camera:canon EOS Kiss Digital

しかし今から500年以上も前の真冬、この地へ暑さでは無く敵から逃れるために落ち延びてきた王がいました。

彼こそがスペイン イスラム王朝最後の王ボアブデルです。

シエラ・ネバダの地まで落ち延びた王は、激しい政権争いや異教徒との戦争から逃れこの地で穏やかな生活を過ごせたのでしょうか?

2004-08-09_21.23.42.jpg
camera:canon EOS Kiss Digital

残念ながら答えはNOです。

落ち延びる途中涙を流した王を、母は、
「女のように泣くがいい、男のように闘わなかったからだ」
と叱ったそうです。

そうです。その時代は闘いが必然の時代だったのです。
結局王はモロッコ王に服従させられた挙句、戦死してしまいました。

2004-08-09_22.32.46.jpg
camera:canon EOS Kiss Digital

白い家に、青い空、そして吹き抜ける風。
けっして当たり前じゃない、長閑な平和を満喫するために、

僕は岩に寝転び、悲しき王の分まで大きな大きな深呼吸をするのでした。


追伸:カピレイラまではカーブの多い山道、往復のバスの中、僕は乗り物酔いで死にそうになり、落人の辛さを少しだけ味わうことが出来ました。

誰か僕とパエリアしませんか?

August 29, 2004 Sunday

パエリア

スペイン料理と言えばパエリアです。
というか僕はパエリアくらいしか知りませんでした。
スペインに行ったら、一度はパエリアを食べるぞと気合入れていたのですが、下調べをしていると「パエリアは通常二人分からの注文となり。。。」という文字が目に飛び込んできました。

どうも一人旅でパエリアを食べるのは結構大変みたいなのです。
仕方ない、もし二人分しか無かったら適当に誰か誘ってみよう。
「ねぇ僕とパエリアしませんか?」
怪しい、怪しすぎます
きっとこんな怪しい誘いにほいほいついて来るような警戒心の無い人は、マドリッドあたりで騙されて睡眠薬でも飲まされてることでしょう。

結局一人分でも注文できるお店でパエリアにありつくことは出来たのですが、旅行中はその1回だけしか食べませんでした。

パエリアの本場はバレンシア。地域色の強いスペインではそれ以外の地域は外国みたいなものです。
アンダルシアのパエリアなんて本場もんでも何でも無いのです、しかも観光地のそばにあるレストランの前には必ずパエリアの写真が貼ってある立て看板があるのですが、それがどこも同じ
きっとどこか一括で材料等を手配する業者でもいるのでしょう。

すっかり観光客(日本人?)むけの料理になってしまっているパエリアに僕のパエリア熱は醒めてしまいました。

じゃぁもっとちゃんとしたパエリア専門店で食べればと思うかも知れません。
でもパエリアってそんな高級な料理なのかな?と疑問に思うのです。

これは僕の思い込みですが、もともとは気の利いたレストランで食べるようなものではなく、バレンシアの民家で、家族が食卓を囲んで、みんなで取り分けながら楽しく食べていたものでは無いかと思うのです。

そうです。料理にもTPOがあるのです。

いつか僕が家庭を持って家族旅行でスペインに行ける機会があったら、バレンシアの田舎の極々ありふれたレストランで、みんなで和気藹々とパエリアしてみたいと思います。

そんな日が早く来るといいなぁ。

トレドで見つけた隙間空

September 01, 2004 Wednesday

トレド 僕は何一つさえぎるものの無い、広々とした空も好きですが、建物や山や木やいろんなものに切り取られた切り絵のような空も大好きです。

ふと上を見上げたときに見つけた、忙しいとつい見過ごしてしまいそうな自分だけの隙間空。
そんな空を見つけると、何故か無性に嬉しい気持ちになってしまいます。

そして僕は、カメラのファインダーで、それを更に切り取るのです。

時間に追われる毎日を過ごしている皆さん。
たまには一息ついて、空を見上げ、あなただけの隙間空を探してみませんか?

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。