素敵な旅の終わり方

July 31, 2004 Saturday

アンマンの夕景

終わり良ければ全て良しといいますが、旅行でも第一印象とともに、旅の終わりはとっても重要なファクターです。

僕が今まで一番満足のいくエンディングを迎えられたと思った旅を挙げるとすれば、それはヨルダン旅行のときでしょう。

ヨルダンでの最終日。
僕は夕暮れの市街地を見渡せるアンマンで一番のビューポイントのアンマン城へと向かっていました。

ぼくをその場所に向かわせたのは、ワディ・ラムという赤い砂漠の一日ツアーで一緒になった星野さんの言葉でした。

「日が沈んだ後に、何かが起こるんです。でもそれは今は言わないでおきましょう。」

その謎解きをするために、僕は丘の上のサンセットビューポイントを探し、そのときを待ったのです。

待ってる間、僕はタクシードライバーのアリが買ってくれた、やたら種の多い果物を食べてました。一粒一粒噛締めながら食べていると、アンマンで出会ったたくさんの親切が思い出されて、夕陽が目に沁みました。


やがて日は沈み、いよいよあの瞬間がやってきました。
いったい何が起きるのでしょう?

しばらく待ってみましたが何も起きません。
仕方ないあきらめるかと思ったそのときでした。


突然街中がコーランの声で包まれたのです。四方八方のモスクから湧き上がる声。まるで大舞台で喝采を浴びているかのような快感と興奮

それまで、朝早くから起こされてうるさいとしか思っていなかったアザーンの響きが、そのときばかりはとても神秘的なものに感じられました。

やがて街が静けさを取り戻す頃、夕景は夜景へと変わってました。

街への道を下りていくと、そこには少し恥ずかしげに「ハロー」と話しかけてくれる子供達の笑顔また笑顔

そんな至福のときの中、僕の旅は幕を閉じたのでした。

この写真を見ると今でもあのときの気持ちを思い出します。
終わりが良かった旅の思い出は、時が経っても美しいままなのです。

ヨルダンのイメージって?

October 31, 2004 Sunday

ヨルダンの砂絵

今日の写真は、ヨルダンの首都アンマンでサンドボトルを作る少年です。

最近ニュースでヨルダンの映像がよく流れてます。
イスラエルとイラクに挟まれた小国ヨルダン。
あまり情報のない国だけに、ものすごく物騒なイメージがあるのではないでしょうか?
更に人質事件のザルカウイ氏はヨルダン人だなんてニュースが、それに拍車をかけてしまうような気がします。

でも実際のところ、ヨルダンは人も良く、とても平和な国です。
いろんな報道がヨルダンからされるのも、そこが安全だからなのです。

今回の人質事件の香田証生さんが泊まったクリフホテルには、僕も泊まったことがあります。
安ホテルなので、あまり綺麗ではないけど、従業員は皆本当に親切で、気持ちよく過ごすことができました。

対日本人感情も悪くなく、本当に色んな人に優しくしてもらえました。
なので、もし今回の事件が悪い結果に終わっても、僕のヨルダンのイメージは変わりません。

でも大抵の日本人にとってもは、そうでは無いのではと、心配しています。

情報の多い国は別にして、そうでない国のイメージなんてとってももろい物です。

日本も「ゲイシャ・フジヤマ・ハラキリ」なんて思われているうちはまだいいですが、国民が全員サリンを持ってるなんて思われたりしたら最悪です。

ヨルダンも小国とはいえ、たくさんの人が住んでいる国です。
いい人もいれば悪い人もいます。

決してヨルダン人=ザルカウイ氏 なんて短絡的に考えないでくださいね。

ヒッチハイクストーリー ヨルダン

November 21, 2004 Sunday

故障車

ヨルダンにはキングスハイウェイという立派な名前の道があります。
この道、名前こそ立派ですが、実はただの旧道っていうか山道で、新道が出来た今では主役の座を完全にそちらに譲ってしまっています。

そんなご隠居状態の王様のハイウェイですが、ここからの景観はすばらしいとガイドに書いてあるのを読み、僕はレンタカーでアンマン−アカバ間を走破する計画を立てたのでした。

旅の道中で知り合った二人組みと一緒に3人でドライブを楽しみ、途中迷ったりしながらも、一番の目的だったワディ・ムジブという大峡谷まで無事到着し、そこで運良く綺麗な夕陽も拝むこともできました。

しかし好事魔多し、ワディ・ムジブの谷底を過ぎ、宿泊予定地のカラクという街に向けて坂を上っていたとき、突然アクセルから力が抜けたのです。

カックン。ブホーン。
あっ、あれっ??? ギアを入れてるのにニュートラルになってるぅ!!
何で、何で、何で。

人気も無い谷底だけあって、辺りはもう真っ暗です。
よりによってこんな所でどうして。。。
車を道端に止め、通りかかる車を待っていても、そこにはただ闇が広がるだけ。
平静を装いながらも、もう半分パニック状態です。

そうこうしているうちに、ようやく一台の車が通りかかりました。
その車に乗っていたのは、優しきヨルダン軍人ガッサンとその部下。
ここは危ないから送ってあげるという言葉に甘えて、僕たちは彼らの車に乗り込んだのでした。

やがて車は、少し前に夕陽を拝んだ展望台に止まりました。
そこでガッサンが差し出してくれたのはブドウでした。

とても甘くて、おいしいブドウでした。
一粒、また一粒とブドウを食べていると僕の気持ちも少し落ち着いてきました。
ふと空を見上げると、そこには満天の星空が広がっていました。

するとガッサンはさりげなく車のヘッドライトを消してくれたのです。
更に生き生きと輝きを増していく星達。

もっとたくさん星が見えるところに行った事もあるけど、このときの星空よりも心に訴えてくる星空に、僕はまだ出会っていません。


ちなみに僕達の車が故障した場所は、夜になるとオオカミや、毒蛇が出て非常に危険なところなのだそうです。
もしガッサンに会っていなかったらと思うとぞっとします。

人情の国ヨルダン。
僕にとって忘れられない国の一つです。


広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。