ウズベキスタン 大きなたこ焼きの下で

August 04, 2005 Thursday

IMG_1224.jpg

ヒヴァにはたくさんのミナレット(尖塔)があります。
そしてほとんどのミナレットに登れます。

それでは、どのミナレットからの景色が一番なのでしょうか?
登れるミナレット完全制覇をした僕が選ぶ眺望のいいミナレットNo1は・・・

ジャーン

市場側の城門を出たところにあるマイナーなミナレットです。

富士山や新宿の高層ビル群を綺麗に見たいと思ったら、その中からみるよりも外から見るほうが全体が見れて綺麗じゃないですか。

このミナレットも城壁の外側にあるので、イチャンカラ(内城)全体を見渡せるのです。

IMG_1223.jpg

そして城壁の外側に広がる市場も一望できます。
ボコボコと飛び出したドーム屋根。
下から見ると綺麗だけど、上から見ると巨大なたこ焼きです。

IMG_1222.jpg

そして、その巨大たこ焼きの下には露店のおばさん。
大きなたこ焼きの下で揚げられたウズベキスタンの餃子は優しいアジアの味がしました。

ウズベキスタン 僕には撮れない写真

November 15, 2005 Tuesday

IMG_1366.jpg

ウズベキスタンの古都ブハラの中心にあるカラーンモスク。
ブハラの街をふらついていると、何度もここを行き来することなり、当然のようにここに陣取るみやげ物売り達とも顔見知りになるわけです。
そんな彼らを撮ったのが↑の写真です。

最初のうちは「写真撮って!!」で満足してたのに、そのうち「カメラ貸してよ」に変わっていき、最後は僕のカメラを奪っていったのが、↑の一番左の帽子をかぶった女の子

しばらくして得意気に帰ってきた彼女が撮った写真は、

IMG_1369.jpg

おおおおおおお おー!!
なんかとてもアットホームでいい感じです。
顔は切れているけど、それを越える何かがあります。

パラパラとめくっていくと、

IMG_1378.jpg

おおおおおおお おー!!

カメラの前ではポーズをとってしまうウズベキスタンの男がこんな顔するなんて。

短い旅の途中、仲良くなっても、結局は他人。
こんな写真を僕も撮りたいと、彼女の写真に少しだけジェラシー

それにしても、カメラの使い方も教えてないのに、あっさり使いこなしてしまうあたり、もしかして天才?

底知れぬ可能性を感じさせてくれたブハラの少女カメラマンなのでした。

ウズベキスタン サマルカンドブルー

December 22, 2007 Saturday

IMG_1553.jpg
camera: canon Powershot S30

せっかくの三連休だというのに今日は雨。
先週の世界遺産でサマルカンドをやっていたので、ストックの中からサマルカンドの写真を紹介します。

ウズベキスタンカテゴリーはこちら

突如としてあらわれ、あっというまに領土を拡大し、消えていった一発屋のような王国ティムール帝国。

サマルカンドも強大な力を持ったティムールが一夜にして築いた街。
彼が好きだった青が、この街の色になったのです。

IMG_1589.jpg
camera: canon Powershot S30

上の二枚の写真はレギスタン広場のシェルドル・メドレセ。
良く見ると虎の背中に人の顔が描いてあるのですが、これは偶像崇拝を禁止しているイスラム建築では珍しいものです。

二枚目はウルグベク・メドレセの上から撮ったものですが、手前に写っている屋根の部分は修復のあとが剥き出し。

馬鹿でかいモスクを作ろうとしたのはいいけれど、建築中から崩れ始めたというビビハニム・モスクの上なんて工事現場そのもの(2002年当時)。

IMG_1737.jpg
camera: canon Powershot S30

レギスタン広場があまりに有名で埋もれているのですが、個人的に豪華さと完成度の高さでは一番だと思ったのがグリ・アミール廟。
上の写真のモスクです。

このモスクの地下にはティムール一族が眠っています。

ドームの内側はブルー&ゴールド。
入った時は照明がついていなかったのですが、照明がついた瞬間に思わずおーっと声をあげてしまいました。

IMG_1657.jpg
camera: canon Powershot S30

最後はサマルカンドで一番気に入った場所シャーヒ・ジンダ廟群。
打ち捨てられたように佇む廟群にキラリとひかる青い装飾。

レギスタン広場やグリ・アミール廟が庭園の花だとすれば、ここは道端に儚く咲く雑草の花。

でした。 だったようです。

というのも先週の世界遺産の映像では、修復されて思いっきり奇麗になっていました。

もともとここは重要な場所なので、しっかり管理した方が良いのもわかりますが、あのいい感じに寂れたシャーヒ・ジンダ廟群はもう見れないのかと思うと少し寂しくもあります。

街は生き物。
出来たばかりの新市街も、時がたてば旧市街になり、再開発でまた新市街に生まれ変わります。

旧市街ファンの皆さん。
何事もタイミング。
今の姿が見たかったら、今すぐGoです。




※航空写真モードで拡大するとレギスタン広場が見れますよ

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。