チュニジアにもののけを見た?

November 05, 2004 Friday

マトマタの夕陽

マトマタという、スターウォーズのロケ地としても有名な場所で、僕はダーズベーダーではなくもののけを見て、死にそうな目に遭いました。

夕暮れ時、砂礫の山を地元の人に教えてもらったベストサンセットポイント目指して登っていたときの事。
途中に民家があり、そのそばを通るとかなりショートカットできそうだったので、僕は塀も柵もない小屋に向かって歩き始めました。
奴らが襲い掛かってきたのはそのときでした。

猛然と襲いかかってくる二匹の番犬、僕にはそれがもののけ姫に出てくる犬神モロに見えました。
慌てて斜面を走り降りる僕。
もちろん犬神の背にサンの姿を探す余裕も無く、アシタカのような人並み外れた反射神経も無く、気がついたときは


わっ、わっ、わっ、わーーーーー!!
とっ、止まらなーーーーい!!


最後には、針のような草の上に思いっきりヘッドスライディングしてしまいました。

やられた。そう思って恐る恐る坂の上を見ると、やつらは少し距離を置き、ウーとうなりながらこっちを見ています。
どうやら安全圏までは逃げ切れたようです。

ああ助かった

13万円したデジタル一眼レフカメラ+4万円の交換レンズ、計17万円も奇跡的に無事。

ああ良かった

そして僕はめげることなく気を取り直して、遠回りして頂上を目指し、

凶暴な犬
こんな夕陽を満喫したのでした。

ところが帰り道、日の入り語の薄暗がりの中、またもや番犬達の遠吠えに脅え、逃げ惑ってるうちに道にも迷い、最後は涙目で通りすがりの子供に道を聞いて命からがらホテルに逃げ帰るという情け無いことになってしまいました。

犬って本当に怖いです。サメなら大丈夫なんだけどなぁ。

チュニジア 昨日もクスクス 明日もクスクス

November 09, 2004 Tuesday

本場のクスクス

チュニジア料理といえば、まず一番に挙がるのがクスクスでしょう。

写真だと、米料理のようにも見えるかも知れませんが、小麦粉を原料とした、どちらかというとパスタに近い物で、「世界最小のパスタ」なんて言われることもあるそうです。

このクスクス、舌触りはかなりパサパサ、ボソボソ。
味も結構淡白で、毎日食べると飽きてきます。

でもチュニジアのレストランで、お薦めを聞くと、何処でもクスクスを奨められるんです。
「クスクスは昨日も食べたから、他のが食べたい」
「いや、うちのクスクスは美味しいぞ」
「他のお薦めは」
「クスクスがお薦めだって」
「じゃぁクスクス」

こうして気の弱い僕は毎晩クスクス生活を送ることになったのです。

チュニジア名物というか、避けては通れぬ料理クスクス。
帰国直後はかなり食傷気味でしたが、時が経ち、また食べたくなってきました。
今度チュニジア気分を思い出しに、チュニジア料理の店にでも行ってみようかな?

p.s. goo blogの検索でクスクスを調べたら動物のクスクスには勝ってましたが、「クスクス笑う」には完敗でした。やっぱり笑いは偉大ですね。

チュニジア 年賀状ボツ写真「サハラに消える男」

November 12, 2004 Friday

ボツ写真

プリンタの年末商戦のCMがガンガン流され、年賀葉書の発売も始まり、いよいよ年末モードになってきました。

いつも直前で焦るので、今年はもう2005年の年賀状の裏面を飾る写真を選んでしまいました。
この年賀状写真の座を最後まで争ったのが今日の写真です。

だいたい毎年、年賀状写真は、風景中心で僕がちょこっとだけ写っている写真にしているのだけど、一人旅だとそういう写真を撮ってもらうのって結構難しいんですよね。

外人さん捕まえて「僕が端っこの方にちょこっと写ってるだけでいいから」と説明しても、大抵堂々と真ん中に写っている写真を撮られてしまいます。

それで結局、年賀状候補は三脚立てて自分撮り
この写真も、「サハラに消える男。」というテーマで、セルフタイマーを使って撮った物です。

狙い通りの写真が撮れて、実は結構お気に入りの一枚です。

なのにポツになったって言うじゃなーい?
上に文字を入れるスペースが無かったから! 残念!
タイトルまで決めたのにぃ 斬り


写真だけで、実はチュニジアとあまり関係ない話でした。

皆さんは年賀状の準備進んでますか?

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。