イスタンブール 優しき暴走タクシードライバー ベベット

November 15, 2004 Monday

暴走ドライバー

もう数年前になりますが、パックツアーでトルコを回ったときの話です。
イスタンブールについてすぐ、現地ガイドは僕達に言いました。
「トルコの人の運転は危ないといいますが安心です、 下手なドライバーはもうみんな死んでしまいました

笑えないブラックジョークですが、僕は幸運にも死滅したと言われている幻の暴走ドライバーに会うことが出来たのです。

彼の名はベベット
時間はもう夜の10時。僕は友達と2人、タクシーでガラタタワーに向かいました。
トルコ語しか通じないべベットに、通行人にも協力をしてもらって、どうにかこうにか行き先を告げ、いよいよ出発です。

すると彼は得意気に何か書かれた白い紙を僕達に見せびらかすのです。
なんだろうと思ったらこれがなんと違反切符。
罰金360万トルコリラ
ものすごい違反に見えるけど、360万トルコリラ=2000円。

一発免停2回で足して15万円払った僕の方が実は極悪かも知れません。

まぁこのくらい大した事無いと、気持ちを落ち着かせると、次にわかったのはベベットがとっても方向音痴だという事です。
ブオーンと走っていくと、通行人に道を聞き、間違っていると逆走。
そんなことを繰り返し、イスタンブールのナイトドライブを満喫したころ、ようやくガラタタワーに到着しました。

お礼を言うと、勢い良くバックで走り去っていくベベット。
これじゃぁ違反も取られるわけです。

そんなこんなで辿り着いたガラタタワーはなんともうCLOSEDでした(涙)


実はこの話には後日談があります。
リベンジを誓ったその4年後、僕はイランからの帰りにイスタンブールでストップオーバーし、駆け足一日観光をしました。
ドルマバフチェ宮殿を見終わったあと、僕はタクシーを拾いガラタタワーに向かったのです。
ところがこのタクシー、道が細いからと言って塔のそばまで行ってくれないわ、紙幣すり替え詐欺はするわと、もう最悪。

べベッドはいい奴だったんだと、改めて思いました。

優しき暴走ドライバー べベッド
彼は今もイスタンブールの街を走っているのでしょうか?
もし猛スピードでバックしてくるタクシーがいたら、それが彼かも知れません。

アーチーズ 荒野のウインドウ

November 30, 2004 Tuesday

アーチーズ

アメリカのアーチーズ国立公園には名前の通りたくさんのアーチと、ウインドウと呼ばれる自然の窓があります。
上の写真の左側がそのウインドウの一つなのですが、これだけ見ると窓っていうより目玉みたいだと思うかもしれません。

でもこの目玉によじ登ると、突然上の写真の右側のような素晴らしい風景が目の前に広がるのです。
予想もしなかった、圧倒的に開放的な世界

小さな写真じゃ表現できませんが、実際に窓の外を覗いてみれば、どうして目玉じゃなくてウインドウなのかを実感できるはずです。

窓を拭きぬける爽やかな風に吹かれれば、小さな悩みも吹き飛んで、一つ前の壁を乗り越えれば、きっと明るい未来が待っているぞっていう気分にさえなってきます。

アーチーズ
そしてアーチーズ国立公園の最大の目玉が、このデリケートアーチと呼ばれる自然が作った巨大な岩のアーチです。

雨にも負けず
風にも負けず

台地にしっかり足をつけて、堂々と立っているこのアーチをみると、自分も頑張らなくっちゃっ思えます。

アーチーズはそんな人生の応援歌的 国立公園なのです。

皆さんも、ここでコロラドの風に吹かれてみませんか?

行列の出来る国 ロシア

February 09, 2005 Wednesday

数年前ロシアに行ったときの話です。

行ったといってもロシアが誇るアエロフロートの乗り継ぎ待ち時間に入国して空港とクレムリン間を往復しただけなので、寄ったというほうが正しいかもしれません。

ロシアと聞いて思い浮かべるものと言えば「行列」
バーゲンだと言っては並び、PSPだと言っては並び、ドラクエだと言っては並ぶ日本人もかなりの行列好きだとは思いますが、ペレストロイカの後に市場で行列を作るロシア人の姿が飽きるほどニュースで流されていたので、すっかり刷り込まれてしまいました。

ロシア=行列の国

でもたった半日で、それを体感できるのでしょうか?

それはまったく心配することはありませんでした。
日本のロシア大使館でいきなり行列の洗礼を受けてしまいました。

申し込みのときに並び、受取のときに並び、特に受取のときは時間がかかり、大使館がCLOSEする直前にぎりぎりでゲット。
危なく、別の日に出直さないといけないところでした。

このとき、新たに頭に刷り込まれたのが、

ロシア人(特におばちゃん)=無愛想かつ声が怖い
ガクガク ブルブル

(そして時は流れ)

ヨルダンを満喫してきた帰り道。
いよいよ行列と無愛想の国ロシアに入国です。
わずかな時間、目指すは赤の広場&クレムリン

クレムリンのチケット売り場までは良かったのですが、そのあとが大変でした。


  1. チケット売り場の列にひたすら並ぶ
  2. 入場の列にひたすら並ぶ。散々並んだ挙句荷物チェックでひっかかる(ちょっと涙)
  3. 荷物を預けるのに高い金を取られる(結構涙)
  4. 再び入場の列にひたすら並ぶがチケットチェックで×(超涙)
     ※入場券+カメラチケットを買ったつもりがカメラチケットだけだった(汗)
  5. 再びチケット売り場の列にひたすら並ぶ(放心状態)
  6. 三度入場の列に並び、今度は無事入場(嬉し涙)

って感じで。

チケット買い間違えたのはお前が悪いと言われるかも知れませんが、受付の無愛想なおばちゃんの腹の底から発せられような「フォゥトォウ」という野太い声と、後ろを振り向いたときのこれまた無愛想なおばちゃんの「早くしろよ」と言いたげな怖い顔にたじたじとなってしまったのです。

すみません。小心者です。

さすがはロシアの中枢。
行列+無愛想を実にたっぷりと味あわせてくれたモスクワ半日観光だったのでした。

恐るべしロシア。

f6e20a3d3dfe9c3017c887703f801abb[1].jpg

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。