本気のイルカに会いたくて

July 18, 2004 Sunday

イルカ
皆さんは野生のイルカと泳いだことってありますか?
野生のイルカはとっても気まぐれ、機嫌が悪いとあっという間に泳ぎ去っていってしまいます。人間の泳ぎじゃ追いつくのはとても無理。
でもイルカ君に興味をもってもらえると、しばらく一緒に遊んでもらえることもあるんです。そんなときは、イルカ君と気持ちが通じ合ってるような気になって、ゾクゾクっとするくらいの快感を味わうことが出来ます。

飼い慣らされたイルカだったら、もっと簡単に遊べるのかもしれないけど、感動するってそこまでのプロセスも大切だと思いませんか?

さぁどうぞって差し出されたものよりも、その気になってるだけでも自分で探し出したものの方が嬉しい。

ここでは、そんな自分で探し出した気になってる、ささやかな感動について、つらつらと書いていきたいと思います。

マンタで占う、あなたの運勢

July 27, 2004 Tuesday

マンタ

海の中は水族館ではないので、見たい魚が必ず見れるとは限りません。

海の大物に会えるかどうかは、その人の運次第だと言われます。

ダイビングと言うのは、一人では無く、何人かで一緒に潜ります。
雨男または雨女と一緒にアウトドアしたくないように、悲劇的に運の無い人よりは、大物運がある人と潜りたいというのはダイバーみんなの正直な気持ちでしょう。

沖縄の石垣島にマンタロードという、かなりの高確率でマンタ(イトマキエイというでっかいエイ)が見れる人気のポイントがあります。
僕も一度石垣島に潜りに行った事がありますが、そのとき石垣島の空港が濃霧で空港が使えず、沖縄本島で一日足止めを食ってしまいました。

翌日の飛行機で石垣島に着くと、宿で足止めを食っていなければ一緒に潜っていたはずだった人が撮影したビデオを見せてくれました。

そこに収められていたのは優雅に泳ぐマンタの姿

そのビデオを見て期待に胸を膨らませながら、翌日から三日間ダイビングしましたが、結局マンタを拝むことは出来ませんでした。

本島で足止めさえ食らっていなければ、いや待てよ、僕がいなかったからマンタが見れたのかも。

もしかして僕は運の無い疫病神?
嫌です。そんなの認めたくありません。

そして月日が経ち、僕は小笠原に向かいました。

イルカに、サメに、クジラに、マグロの群れに

そしてあのマンタも、なんと4枚同時に泳いでいるのを拝むことが出来たのです。

今なら自信を持って言えます。
僕は疫病神じゃありません。
幸運の男なんです。


皆さんもマンタで運勢占ってみませんか?

小笠原 魚たちの空

February 07, 2005 Monday

P7280058.jpg

ダイビングとシュノーケリング、この二つは似て非なるものです。

シュノーケリングのいい所が、その身軽さと、海との一体感だとすれば、
ダイビングのいい所は、海の中層で浮きながら空を見上げられること。

キラキラと輝くアクアブルーの水面、それが魚たちの空。

海はどうして青いのだろう?
それは空が青いからさ。

空はどうして青いのだろう?
それは海が青いからさ。


透明で汚れの無い光に満ちたアクアブルーの世界
カケガエノナイモノ

P7310082.jpg
※↑はシュノーケリングで撮ったもの。実は息切れ寸前

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。