ボリビア旅行 サンライズウユニ そのあと異変が

February 11, 2014 Tuesday

IMGP1260.JPG

短期旅行者には時間がありません。
9日間のうちの4日間は移動ですから実質中5日。

星屑のウユニの興奮も冷めやらぬうちにサンライズウユニへ出発。
宿で寝たのが12時、3時半に起きて、4時出発。
ナポレオンかよ。

睡眠不足だと高山病に。。。。
えーい構うもんか。

IMGP1276.JPG

まだ薄暗いウユニ。
携帯の明かりでUYUNIと書こうとチャレンジしてみたのですが、結構難しい。
練習中に空が明るくなってしまいました。

IMGP1278.JPG

いいなぁ。
幻想的。

IMGP1303.JPG

標高の高いところの色彩って邪魔する者のない原色のイメージがありました。
日本では見ることのできない深い青。くっきりはっきりな風景。

IMGP1311.JPG

でもこの日のウユニは違いました。
とってもやわらかい、優しい色彩。
癒しのサンドイッチの中で迎える朝。

IMGP1321.JPG

↑の3枚の写真。
奥の方に小さく人が写ってるのわかりますか?
彼(彼女?)は誰もいない特等席に座り朝日の中にたたずんでいました。
多分途中で下してもらって帰りにピックアップしてもらうのだと思うけど、僕もやってみたかった。

でもスペイン語喋れないから一人で降ろしてもらったあとに置いてかれちゃったら怖いなぁ。

IMGP1294.JPG

振り向くとそこは青白い世界。
360度違う世界。
それが刻一刻と色を変えていく。

そのとき、その瞬間にしか見ることが出来ない自分だけのウユニ。

IMGP1348.JPG

明るくなったあとは、太陽と一緒にジャンプ。

IMGP1389.JPG

その後みんなでトリック写真を撮ったりして楽しい時間を過ごしたのですが。。。

はぁ、はぁ、はぁ、はぁ

あれれ、なんか息が。。。
頭もキーンってなってるような気が。。。

IMGP1405.JPG

帰りに寄ってもらった鉄道の墓場セメンタリオ。
まだボリビアに海があったときウユニの資源を港まで運ぶために作られた鉄道が、その後チリとの戦争でボリビアが負けて海を失ったので用無しになったものだそうです。

戦争で負けてなければ鉄道は今も活躍している代わりにウユニの塩湖はガンガン開発されて今のような景色は無かったかも知れません。

IMGP1409.JPG

錆びついた車両。
広大な大地にポツリと取り残されている感が最高。
これが○○鉄道博物館に置いてあったらふーんとしか思わないかも知れないけど。

IMGP1429.JPG

上にのぼーってイエーイなんて年甲斐もなくはしゃいでいたら、また来ました。
はぁ、はぁ、はぁ、はぁ。
そしてキーン。さらに眩暈。

完全にあれの症状です。

ペルーで散々体験したあれです。
寝不足で、ハードスケジュールで、高いところに行って、頑張って動きすぎるとなるといわれているあれです。

全然学習してないなぁ。

宿に戻ったら少し休もう。
この記事へのコメント
ユウニの蒼い世界ではしゃいでいらっしゃる動画姿が目に浮かんでいました。

アドレナリンの使い過ぎですね。
体調は戻りましたか?
☆ saya at 2014-02-12 11:59
sayaさん
 はしゃぎまくりであっという間にエアを使い切り、この後は高山病が悪化しないようにあれやこれや。
 今は元気ですが、ウユニが恋しいです。
☆ aonuma at 2014-02-12 21:12
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/388136616
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。