屋久島旅行 線路は続くよどこまでも または 縄文杉への道 without "杉"

November 13, 2013 Wednesday

IMGP9802.JPG

申し訳ございません m(_ _)m
前回、次回は縄文杉をと書きましたが、今回も縄文杉は登場しません。
縄文杉への道パート1はフィーチャリング トロッコ道。
縄文杉コースの大半を占めるトロッコ道をたっぷり紹介します。

ではスタート!!

宮之浦を朝の4時18分に出たバスの終点は屋久杉自然館。
登山口へはそこから荒川登山バスに乗る必要があります。

朝一番のバスに乗ってきたのだから、登山バスにもすぐ乗れると思いますよね。
ところがそれは甘い考え。
薄暗い中、車組が既にずらり。

一本目には乗れず、次のバスの補助席にギリギリ滑り込めました。
ピークの時期なんてどうなっちゃうんでしょう。

IMGP9672.JPG

登山口に着いたら、渋滞に巻き込まれないようにすぐ出発。
スタートから線路の上をひたすら歩きます。
まだ薄暗い中、足元だけを見てひたすら歩きます。

しばらくして少し明るくなってきたころ橋が現われます。
高所恐怖症の人にはかなり厳しいと思われるこの橋。
一本目の登山バスに乗っていたら、もっと暗い状態でこの橋を渡る必要があったわけで、夏はともかく日の短い秋は二本目で良かったかなと後になって思いました。

IMGP9673.JPG

橋を渡りながら横の渓流をパチリ。
僕は高いところは全然怖くないんですよね。
犬恐怖症なので、向かいから犬が走ってきたらビビッて落ちますが。。。

IMGP9685.JPG

長い長いトロッコ道。
行きと帰りでは距離の感じ方が全然違います。

縄文杉を見るぞという希望に溢れている行きのと、目標を失ってただひたすら歩く帰り道。

IMGP9688.JPG

単調なトロッコ道ですが、日が差してくると色んな表情を見せてくれます。
ときどき止まって写真をパチリ。

このあたりまで来ると人もばらけてきていい感じです。
スタートダッシュ作戦大成功。

IMGP9736.JPG

トロッコ道が終わると傾斜が急になって、そこからは脚力勝負。
杉の巨木オンパレードが始まるのですが。。。

それはパート2のフィーチャリング杉編で。

IMGP9799.JPG

帰るころには「杉は見たから明日は苔だ」なんて気分になるくらいお腹いっぱいになりますよ。

IMGP9828.JPG

縄文杉ともご対面して、あとは来た道を戻るだけ。
戻るだけですが、それが長いこと長いこと。

帰りのトロッコ道は精神力勝負。
ただひたすら修行僧のように歩き続けます。

トロッコ道の写真を見るとわかると思いますが、歩きやすいように板を敷いてあるところと、枕木がむき出しのところがあります。

枕木むき出しのところまでくれば残りはあと少し。

IMGP9833.JPG

3時のバスに乗るぞ、そうすれば戻ってから夕陽を見に行けるぞ。
夕陽ぃ〜、待ってろよぉ。

最後はそれを心の支えに歩く歩く。

IMGP9838.JPG

2時10分 ついにゴール。
ここを出てからジャスト8時間。

今回、たまたま宮之浦のバス停で会った60過ぎのおじさんと一緒に登ったのですが、そのおじさんの健脚なこと。
僕も年相応に衰えたとは言え、まだまだ20歳近く年上の人には負けたくないお年頃。
いいペースで歩けたのも、後ろからいいプレッシャーをかけていただけたからかなって思います。

IMGP9847.JPG

宮之浦に戻って、そのままレンタカー屋に直行。
スクーターを借りて島の西部に向けてひた走ります。

良さげな場所を見つけたので、そこで夕陽鑑賞。

IMGP9868.JPG

東シナ海に沈む夕日。
ひと月に40日雨が降るとも言われる屋久島。

こんなにきれいに水平線が見れるのは珍しいそうです。
あ〜幸せ。

次回は、次回こそは飽きるほどの杉・杉・杉をお届けします。
お楽しみに。

この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。