ドブロブニク 城壁制覇 その1

September 11, 2006 Monday

IMAG0021.jpg
↑城壁ツアー入り口

ヴェネチア、オスマントルコなどの強国が、地中海の覇権を争う中、ナポレオンによって征服されるまで数世紀に渡って都市国家としての自由を守ってきたドブロブニク。

それは武力に頼るものではなく、常に中立を守り、外交によって行われたと言われています。
経済力で国を守ってきたその手法には、僕たち日本も見習う点があるのではないでしょうか?

CRW_4055.jpg

ドブロブニクの全盛期は14世紀。
大航海時代が始まる前です。

つい最近もユーゴ内戦で街が破壊されるなど、何度も戦禍にあってきたドブロブニク。
それでもドブロブニク市民は誇りを胸に、壊されても壊されても修復をし、今でも中世さながらの美しい街並みを維持し続けています。

そんな波乱万丈の歴史の生き証人のような立派な城壁にも、今ではお金さえ払えば簡単に登ることができるのです。

CRW_4066.jpg

彼女の視線の先にはロクロム島???
もうちょっと下の方を見てるような気も。
いったい何をみているのでしょう。

CRW_4067.jpg

城壁の下の岩場から一回転宙返りダイブ!!
ちょっとシャッター切るの早すぎました。

平和ってやっぱりいいですね。

城壁制覇その2は、城壁の中の街並み中心にお送りします。
お楽しみに!!
この記事へのコメント
昨日のこの時間は混雑のせいか画像が見えなかったんだけど、
今日は見れました^^
今、「もの食う人びと」を読んでいます。
著者がクロアチアを訪れてから10年ちょっと。
その10年が長いのか短いのか。
でもaonumaさんの写真で見るクロアチアは、陽気な地中海といった感じで
キラキラしていますね。
☆ まみもも at 2006-09-11 23:58
ホントに綺麗な海の色...
☆ naogon at 2006-09-12 06:07
日本とは違った景色で
絶対的な違いは石の文化ってことかな?
日本は木を使った建造物が多い。
外国に来たと言うより、
違う時代にきてしまった!そんな感じがします。
☆ 石の建造物 at 2006-09-12 06:53
うゎ〜
名前のところに石の建造物って入れちゃった!
☆ やっち〜 at 2006-09-12 06:54
海に腰掛ける不思議な写真

こんなぶれない瞬間を取るのもすごわざですね!
お気に入りの一枚になっちゃった!
☆ saya at 2006-09-12 17:10
すご〜い!
こんなところからダイブできるんですね。

なんかaonumaさんとペトラ行った時の、遺跡の上に建ってたおっちゃんを思い出しちゃいました。
akatuki at 2006-09-12 22:47
まみももさん
 もの食う人々はだいぶ昔に読んだのですが、クロアチアの話がどんなだったか思い出せません。
 どんな話でしたっけ?

naogonさん
 綺麗な海は気持ちいいですよね。
 東京湾もこのくらいきれいだったらなぁ。

やっち〜@石の建造物さん
 石やレンガの建築ばかり見た後に、日本の木の建物を見ると、それはそれで新鮮さがありますよね。
 別の時代に来たような気持ち。
 伝統を引き継いで来てるからでしょう。
 

sayaさん
 気に入っていただけて光栄です。
 このあと一回転して海に飛び込んだので連射しておけばって後悔しました。

akatukiさん
 ぺトラの遺跡の上で笛を吹いてた人はかっこ良かったですよね。
 僕はあそこまで登る元気(勇気も?)ありませんでした。
☆ aonuma at 2006-09-14 00:50
本当に絵になる風景ですね〜。

この飛び込んだお兄さんは観光客で
たまたまその日飛び込んだのでしょうか?
それともお仕事で日に数回飛び込んでいるとか?
あるいは誰でもお金を払えば飛び込める…とか?

知らない国って色々な意味で想像があふれますネ(^_^.)。
☆ かじま〜い at 2006-09-14 15:25
「もの食うひとびと」からクロアチア編

クロアチア独立をきっかけとしたユーゴスラビアの攻撃で、破壊されて村人が疎開して
無人になった村を見に行った著者。
破壊されまくった村を歩いていたら、廃墟に老婆の姿を発見。
夫を目の前で殺された家から離れることが出来ず、一人でひっそりと生活していた。
痩せこけて「精神安定剤がご飯代わり」という老婆に食事を勧めると、
老婆はスープに入れるヌードルを打ち始めた。
「私は今日は食欲がないから、明日作るから食べに来て」と著者に言うのです。
(きっと寂しかったんでしょうねぇ。。)
結局著者は食べに行かなかったのですが。

後は止まった汽車が難民収容所になってる話しや、ウグリアン島、
アドリア海の鰯を食べる話しが載っていましたよ。
☆ まみもも at 2006-09-15 12:22
晴れてるうちにどこか出かけてこようかな。

かじま〜いさん
 返事が遅くなってしまってすみません。
 この岩は城壁の外側になるのですが、遠めに見た限りでは何人かでバカンスに来ている一般人のようでした。
 彼は経験者なのか?それとも・・・
 謎は尽きないです。

まみももさん
 わざわざありがとうございます。
 ヌードルを打つところだけ思い出しました。
 まだどこかにあるはずなので、見つかったらまた読んでみます。
☆ aonuma at 2006-09-16 10:27
海の色が本当に綺麗です!
飛び込みのおじさん(?)の写真など
夏のバカンスって感じで、良いですね〜♪
☆ suusuu at 2006-09-18 23:08
suusuuさん
 海は本当に綺麗でした。
 みんなバカンスしてましたよ。
 僕はバタバタしてましたが(汗
☆ aonuma at 2006-09-18 23:57
とても魅力的な記事でした。
また遊びに来ます!!
株を始める at 2014-05-10 16:01
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。