クロアチア はじまりはいつも雨

August 25, 2006 Friday

CRW_3964.jpg

パリでの早朝のトランジット。
15度という冬と間違えそうな異常低温に半袖姿で震え、まったく隙間の無い厚い厚い雲の上を飛んで辿りついたドブロブニク。

空港からのバスで早くも窓に雨粒が。
はじまりはいつも雨。
心なしかマネキン達も空模様を気にしているように見えます。

CRW_3960.jpg

プラッツァ通りを歩く人の足も、いつもよりも早歩き。
そしてついに。

CRW_3968.jpg

空から降ってくる大粒の雨。
逃げ惑う人々。

CRW_3969.jpg

ピレ門の下は雨宿りの人達で大渋滞。

この日の僕の頭の中は懐メロがグルグル。
「だけども問題は今日の雨。傘が無い」(持ってたけど)
「違う きっと違う心が叫んでる」
と井上陽水からオフコースへ。

挙句の果てにピカピカゴロゴロと雷まで登場。
風も強くなってきて、もしかしてこれって嵐。

旅行の間に一度くらい青空を見る事が出来るのだろうか?
そんな不安に苛まれたクロアチア1日目だったのでした。
この記事へのコメント
突然の雨に雨宿り。
そんな中で色々な人を楽しむのも一興ですね。
はなみずき at 2006-08-25 22:30
うー、やられた!大好きですよ、こういう写真。
夕闇、雨、急ぎ足の人…こういう時は絶対にカメラをバッグにしまいこんだりしてはいけないんですね、勉強させていただきました(ぺこり)
☆ tomoko at 2006-08-25 23:50
あのマネキン、顔が切れてるんですか!?!?
それとも、隠れているだけ??
なんか変なところに目が行ってしまいました。
スミマセン・・・

それにしても、ほんとステキ。(写真が)

クロアチア、未知の世界なので楽しみにしています。
☆ たぐー at 2006-08-26 01:51
いつもとちょっとテイストの違う感じがする写真ですね。
これもまた素敵。
雨もなんだかおしゃれです。
☆ りみか at 2006-08-27 19:40
はなみずきさん
 人間観察はどこに行っても楽しいです。
 門の下に人が駆け込んでるときは、かなり強い雨だったんですよ。

tomokoさん
 傘差しながらパチパチと撮ってみました。
 カメラは少し濡れてしまったけど、今のところ問題はなし。
 こうやっていじめるから、寿命短くなるんですよね。

たぐーさん
 マネキンの顔は本当に切れているんです。
 僕もそこに目がいって、ついシャッター切ってしまいました。
 たぐーさんと視点が似ているのかも。

りみかさん
 普段はぶれないように気をつけてとるのですが、このときはぶれをうまく使えないかなと思って、いろいろ遊んでました。
 新テイスト楽しんでいただけましたか?
☆ aonuma at 2006-08-27 21:44
そのうち晴れるのでしょうか・・・?
続きがきになります。
☆ ひろぽん at 2006-08-27 23:30
ひろぽんさん
 青空写真を最初に載せちゃいましたからね。
 問題はいつ晴れるのか?
 その答えは続編をお待ちください。
 引っ張っちゃおうかな?
☆ aonuma at 2006-08-28 22:39
雨の街中のあわただしい雰囲気が
すごく伝わってくる写真たち。
ブレ感が何とも言えなく良い味出てますね(^_^)
雨が一役買っている素敵なシーンです♪
Ray at 2006-08-28 22:44
思わず、顔の切れているマネキンにくぎ付けになりました。
りゃくどうかんのある写真に見とれてしまいました。
☆ まるこ at 2006-08-28 22:46
Rayさん
 ブレ感がいい味出してますか?
 狙ってたところなので、ほめてもらえてうれしいです。
 雨の石畳もいいものです。

まるこさん
 顔切れてるマネキンって日本だとあまり見ないですよね。
 僕もくぎ付けになっちゃいました。
☆ aonuma at 2006-08-29 23:26
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。