ペルー ナスカの地上絵はでかいか小さいか?

May 15, 2005 Sunday

nasaca4.jpg

ペルーで誰もが知っている有名どころと言えば、マチュピチュとナスカの二つが挙がりますが、遺跡に興味が無い一般人限定だと知名度では「ナスカの地上絵」がNo.1でしょう。

こんなナスカの地上絵ですが、がっかり観光地としてもその名が挙がります。
さて実際のところどうなのでしょうか?

以下、僕の眼で見たナスカの地上絵について書いてみます。

ナスカの地上絵にはいろんな見方がありますが、大抵の人はミラドール(展望台)と、セスナ機から見ることになります。
nasca2.jpg
僕の場合、最初に地上絵と対面したのはミラドールの上からでした。
高さ20mほどのミラドール上から見た場合、地上絵の全体像ははっきりと掴めません。
その大きさを実感するとともに、空の上から見たらどうなんだろうという期待で胸が高鳴ります。

IMG_0324.jpg
そしてセスナ機に乗って Fly to the sky!!

ここから見える地上絵は一番上の写真となるのですが、僕の感想は思ったよりも小さいでした。
正直比べるものが無いので、絶対的に大きいか小さいかはわからないのですが、上から見たときの視界に占める面積が想像していたよりも明らかに小さかったのです。

こんなもん、セスナ機が飛ぶ高度によってどうにでも変わると思いますが、僕達が乗ったのは6人乗りの小型のセスナ。
恐らく一番低空を飛ぶタイプだろうと思われます。

きっとイカ(ナスカ近郊の街)あたりから飛んでくる大型セスナだともっと小さく見えるのでしょう。

では「ナスカの地上絵」はがっかりだったのかというとそうでもありません?
僕の採点は10点満点で7点くらい。
初めてのセスナ機は気持ちよかったし、それなりに楽しめました。

多分、すごくがっかりしてしまった人の場合
・セスナ機に酔ってしまい地上絵どころではなかった
・セスナ機で座った位置が悪く良く見えなかった
・リマからのツアーの場合、移動の時間がとっても長い
・高い金(フライトだけなら数千円ですが)払った割には。。。
あたりが問題だったのではと思います。

実際、旅行中「ナスカのセスナ機で酔って最悪だった」っていう人にも何人か会いました。
※僕が一緒に乗った人はみんな元気でした

乗り物酔いしやすい人は、酔い止め薬を忘れずにといったところでしょうか?
この記事へのコメント
初めまして、弓木といいます。<br />
以前に栗本慎一郎氏も、「ナスカ絵は小さかった」と言ってました。また栗本氏はこうも言ってました。<br />
あれは宇宙人との交信のため作られた−とか言われるが、あのサイズでは空への信号として役に立たない。あの目的はそうではなくて、インディオ文明(呪術文明)の一種の「身体感覚の訓練」のために作られたものであろう−と。<br />
僕は(カスタネダのファンなので)賛同するが、どう思いますか?
☆ 弓木 at 2005-05-15 23:14
横から入ってすいませんが・・・(僕は管理人ではありません)<br />
<br />
ずっと昔にTV特番で「蜃気楼文明」(←本出てます)をやっていて、古代のいろいろな遺跡、ピラミッド・ストーンヘンジなどが蜃気楼という解釈で説明されていました。そのなかでナスカも入っていて、大変説得力あるもので僕の中では他の説は耳に入らないほどです。<br />
無数の 絵は 一筆書きでかかれていますよね。それと たくさんの直線・・・。これは雨がほとんどふらない地域で 蜃気楼で出来た 遠くの幻の水溜りの水を村まで引くためのもの・・・というもの。<br />
<br />
どうでしょうか?<br />
<br />
これも「世界のガッカリ」の候補だったとは・・・知りませんでした。同じものを見ても受け止め方が人それぞれですからね・・・ナスカの地上絵さんに罪はない!
☆ のり at 2005-05-16 00:14
弓木さん<br />
 ナスカの地上絵は宇宙人じゃなきゃ描けない様な、とんでもない大きさではなく、工夫すれば昔の人でも描けたのではと思う大きさでした。<br />
 サイズよりもそのデザインにセンスを感じます。<br />
 ありきたりですが、アーティスティックな芸術作品だったのではと思います。<br />
<br />
のりさん<br />
 幻の水を引いてくるための蜃気楼文明<br />
 なかなかロマンチックな説ですね。<br />
 皆がいろんな説を信じて、実物に思いを馳せる。<br />
 それでいいのではって思います。
☆ aonuma at 2005-05-16 23:39
弓木さん,のりさんどちらのお話もなるほど〜と思います。何千年もたって,たくさんの人がなんでだろ〜?って思えること自体が素敵だなと思います。aonumaさんのように地球の裏側から飛んで見に行く人がたくさんいるというのも凄いことだと思うのです。{/kaeru_en2/}
☆ sora at 2005-05-17 06:34
soraさん<br />
 最近は何でも正解を求めたがるけど、たくさんの人が、たくさんの説を信じて夢を見る。<br />
 そんなものがあってもいいと思います。<br />
 自分の頭で考える。<br />
 それが本当のゆとり教育ではないでしょうか。
☆ aonuma at 2005-05-17 23:55
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/20937361

この記事へのトラックバック

【ナスカ】まだまだ続く珍道中。000504
Excerpt: ■人骨パラダイス・再び。 バスで揺られること20分。 我々を乗せた車はメインストリートから脇道に入った。 目の前に広がる荒野。視界を遮るものは何もない。 そこにいきなり十字架の大群が目に飛び込んで..
Weblog: まん遊記
Tracked: 2006-01-26 15:40
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。