シラーズ ギンギラギンにさりげなく

September 11, 2004 Saturday

イランのモスク

いきなり年がばれそうなタイトルですが、今日紹介するのはイランのシラーズという街にあるシャー・チェラーグ廟です。
シラーズというと、観光客にとっては古都ペルセポリス最寄の街として有名ですが、このモスクも一見の価値があります。

ライトアップされたモスクや、青いドームも美しいのですが、ここの見所はなんと言ってもその内部
さぁ見てくださいといいたいところなのですが、中は撮影禁止なので写真はありません。

そのかわりに外からとった入り口の写真を一枚。

モスク内部
なんかギラギラしていますね。
実はこのモスの中は総ガラス張りなんです。

最初、ガラス張りなんていうと、ちょっといや相当安っぽい、はっきり言って金持ちの悪趣味的なものを想像してました。
ところがです。これがどうしてなかなかいい感じなのです。

壁も天井も床以外は本当にどこを見てもギンギラギンの世界。
万華鏡の中に入った気分とでもいいましょうか?
落ち着きはしませんが、ある意味SFっぽい神秘的な感覚にとらわれてしまいました。

ギンギラギンにさりげなく
恥じらいを感じさせない、堂々としたギラギラモスクの話でした。
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/20937217

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。