アルハンブラ-牙を抜かれたライオン

August 23, 2004 Monday

アンダルシアのライオン

スペインで一番人気の観光地、イスラム芸術の結晶アルハンブラ宮殿

その宮殿の中でも一番の見所がライオンのパティオ(中庭)です。
ライオンのパティオというからにはライオンがどこかにいるはずですが見当たりません。さてどこにいるのでしょうか?

どうもパティオの真ん中にある噴水を囲んでいるのがライオンのようです。

ここで今日の写真なのですが、このライオンどうみても伝染るんですのかわうそ君です

良く見ると大きな口には歯がびっしりと生えているようですが、おちょぼ口のような噴水の口が口に見えてしまうともう駄目です。
昔の王は自分の勇猛さを表すためにライオンをペットにしたそうですが、このライオンなら僕にでも飼えそうです。

全盛期のアルハンブラ宮殿の豪華絢爛な文化的な生活は、レコンキスタに燃えるキリスト教勢力を押し返すために、アフリカから渡ってきた勇猛なイスラム軍をもあっと言う間に骨抜きにしてしまったそうです。

このライオンも、すべての牙を抜いてしまうアルハンブラの魔力には逆らえなかったのかも知れません。
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/20937209

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。