バルセロナ 治安 vs 噴水ショー

August 18, 2004 Wednesday

バルセロナの噴水ショー

今日の写真は、バルセロナの夏の風物詩、大噴水ショーです。

モンジュイックのカタルーニャ美術館前の広場は、ショーの時間になると地元の人達や観光客で埋まります。

音楽に合わせて色や形をまるで生き物のように変えていく噴水は一見の価値がありますし、夕涼みにもばっちしです。

ところがです。その観客の中に、昼間のサグラダ・ファミリア教会ではあれほどたくさん見た日本人がほとんど見当たらないのです。

サグラダ・ファミリアは有名だけど、噴水ショーはマイナーだから?
恐らく理由はそれだけでは無いでしょう。

実はこの噴水ショーが始まるのは夜の9時半から。

そう夜のバルセロナは治安が良くないからあまり出歩かないほうが良いと、ツアーの添乗員には口酸っぱく注意され、ガイドブックにもしつこいくらい注意が書いてある時間帯なのです。

では本当にそんなに危ないのでしょうか?
僕は10時半から12時近くまでショーを見てて、行きも帰りもメトロで帰りましたが、家族連れも多く全然危険は感じませんでした。

けれども絶対に安全なのか?と聞かれたら、それは口が裂けてもYESとは言えません

結局最後は「自己責任」ということになるのです。

さて噴水を取るか?治安を取るか?

僕は、細心の注意と、事前の準備と、ハプニングも一つのアトラクションとして楽しめる余裕があれば、ちょっとした冒険もOKなのではと思ってます。

あなたならどちらを選びますか?
最終判断はくれぐれも「自己責任」でお願いします。
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/20937207

この記事へのトラックバック

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。