ラクダの足はどこにいったのか?

July 29, 2004 Thursday

サハラのラクダ

砂漠にたたずむ1頭のラクダがいます。
このラクダはヒトコブラクダ。サハラのあたりじゃド ロマデールと呼ばれています。

ドロマデールって響き、なんか泥臭くて、のろまそうで、はっきり言ってあまりかっこよくないと思いませんか?
でもラクダの顔ってすごく優しくて、それでいてぬけてて、ドロマデールって名前がしっくり来るのです。

なのでここからはラクダ君じゃなくて、ドロマデール君と呼ぶことにしましょう。

このドロマデール君、実は日本人の70%が嫉妬するくらい足が長いのです。

ドロマデール君が立ち上がるときの順番は決まっていて、まず長い後ろ足を伸ばして、次に長い前足で踏ん張ります。

足が長いだけに、初めて乗る人は、最初に前につんのめりそうになって「うぉー」と驚き、次に体がぐいっと持ち上げられて、また「うぉー」と叫ぶ。そんなスリリングな気分を味わうことになります。

突然ですが、ここで写真をじっくり見てください。
しつこいくらい長い長いと言ってきた、ドロマデール君自慢の足はいったいどこにいったのでしょうか?

じーっと見て下さい。良ーく見て下さい。
なにか砂を掘った跡が見えますねぇ。
「実は足を砂に埋めて、暑さから守っているのです」














なんて事を言われて、素直に信じるのは、今まで人を疑ったことの無い僕くらいのものでしょう(実話)
正解は「ただ折りたたんでいるだけ」

それにしても器用に折りたたんでますね。

スラリとした長い足を、フラミンゴのように見せびらかすことなく、折りたたんで隠す。
「能ある鷹は爪隠す」とは、まさにドロマデール君のためにあるような言葉でしょう。

こんな奥床しいドロマデール君に僕は親近感を覚えます。

皆さんも綺麗な足を、カモシカとかフラミンゴに例えるのはもうやめましょう。
「君の足は、まるでドロマデールのようだ」
これからは、これで決まりです
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/20937202

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。