アルゲ・バム 時間は止まらない

July 19, 2004 Monday

アルゲバムのチャイハネ
今日の写真は2002年の春に行ったイランのアルゲ・バムという遺跡の写真です。

今イランに行っても、もうこのような景色は見れません。というのも、この遺跡は2003年の冬の大地震で崩壊してしまったからです。

バム市周辺で4万人が亡くなったとも言われる大地震で、この廃墟の街もその姿をとどめないほどのダメージを受けてしまいました。

廃墟の街、捨てられた街

このアルゲ・バムという城壁の中の街は、今から200年前に突如として人が消え、そこで時間が止まってしまった街です。

僕がチャイハネ(喫茶店)の窓越しにこの写真を撮ったとき、100年後も200年後も、きっとこの廃墟の街は、このままなんだろうなと思いました。

しかし、それからわずか1年半、もうこの遺跡はありません

そう時間は止まらない

僕たちが見ている全てのものは、今この時にしか見れないものなのです。
この記事へのコメント
もうなくなっちゃったんですね。。。この風景。<br />
<br />
遺跡=すでに捨て去られて壊れてしまったもの<br />
(壊れるっていうのはちょっと言葉か足りないかもしれないですけど…{/namida/})<br />
<br />
ってイメージなんですけど、それがなくなるっていうのは…なんだか悲しいですね。<br />
<br />
☆ はな at 2005-08-09 23:53
崩壊のニュースを見たときには、驚いたし、残念でした{/namida/} {/namida/}<br />
本当に、もう見ることができないんですよね。<br />
それとも、今まで綺麗に残っていたほうが、奇跡なのでしょうか…<br />
<br />
時が止まっているように見えるモノも多いけれど、本当に、今しか見られないんですよね。。。<br />
<br />
いつか行こう!と思っていた遺跡で言えば、<br />
アフガンのバーミヤン、バグダード、、、ご縁がなかったというのだけでは、悲しいです。
☆ SuuSuu at 2005-08-10 10:34
はなさん<br />
 建物はほぼ全壊してしまったようです。<br />
 どうにか修復しようって動きもあるようですが、もうあの頃の姿は戻らないと思います。<br />
<br />
 遺跡=すでに捨て去られて壊れてしまったもの<br />
<br />
 そんな儚さが遺跡好きを惹きつけるのかも知れません。<br />
<br />
SuuSuuさん<br />
 地震で崩壊してしまったって聞いたときは本当に驚きました。<br />
 不謹慎ですが、4万人の犠牲者よりも、この遺跡のことが気になってしまいました。<br />
 バーミヤンにバグダード。<br />
 行きたいところは行けるときに行っておかないと駄目ですね。 
☆ aonuma at 2005-08-10 23:39
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/20937192

この記事へのトラックバック

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。