最後の赤と始まりの赤

October 11, 2013 Friday

IMGP9272.JPG

先週の日曜日。
那須の姥ケ平の紅葉がピークと聞いて、真っ暗なうちから車を走らせていたのですが。。。

ですが。。。

動き続けるワイパー。天気予報は曇りなのに。
周りが薄ら明るくなってきて更に絶望。
曇ってる いや ガスってる+霧雨ってる。

ところがです。
雲の上に出るとそこは青空。

じぇじぇじぇ。
雲海の下と上では大違い。

IMGP9260.JPG

赤い衣をまとった那須の山がくっきり見えます。
天気予報外れやがった。にやり。

IMGP9274.JPG

天気がいいうちにとさっさと登らないと。
峠の茶屋の駐車場に車を止めて峰の茶屋後の避難小屋まで一気に登ります。

そして迷うことなく分岐を牛ヶ首へ。
山の天気は変わりやすい、急がなきゃ。

IMGP9306.JPG

硫黄の匂いにも負けずに辿り着いた牛ヶ首。
ここから見下ろす姥ケ平。

IMGP9313.JPG

グレーーーーーート!!

IMGP9360.JPG

久しぶりに文字を大きくしたくなるような紅葉。
それでも足りないので更にボールド。

IMGP9384.JPG

姥ケ平の休憩所で休んでると、さっきまで見えてた茶臼山にタイムオーバーのスクリーンが。
山の天気は変わりやすい&天気予報やっぱ当たるんだ的瞬間。

IMGP9414.JPG

雨も降りだしたので長居は無用。
来た道をそのまま戻って駐車場へ。

振り返るとまた山が姿を見せてくれました。

IMGP9423.JPG

うーん綺麗。
山頂でランチの人達も楽しめたんじゃないかな。

なんて思ってるうちにまた雲が。
移り気な女心と秋の空。

IMGP9429.JPG

まだ帰るには早かったので、温泉に入ってから美野澤の彼岸花群生地へ。
旬は過ぎてだいぶ褪せてたけど、遠目で見る分にはなかなか綺麗。

IMGP9430.JPG

なんとなく明日香を思い出すような風景です。
こういうの、日本の原風景というのでしょうか。

IMGP9441.JPG

IMGP9446.JPG

IMGP9456.JPG

始まった関東の紅葉と、シーズン終わりの彼岸花。
それぞれの赤。
秋の日本は綺麗だなぁ。

今回那須に登った一番の目的は登山靴の慣らし運転。
20年間お勤めご苦労様休暇で来週は屋久島に行ってきます。

雨の多い屋久島。
今回みたいに一瞬でもいいから自然が微笑んでくれるといいのですが。

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。