浅草サンバカーニバル2013

September 01, 2013 Sunday

IMGP6919.JPG

8月最後の土曜日。
浅草のサンバカーニバルを見てきました。

初めてのサンバ。駅前で売ってたパンフレット100円の知識でブログ書いてますので、細かいところは色々と間違いもあると思いますが、お手柔らかにお願いします。

サンバというと派手な格好で踊るダンサーが有名ですが、実はS1というトップグループのチームは1チーム数百人の大世帯。
踊る人以外にも様々な役割があるのです。

パンフレットによると、
先導役の「コミッサン・ヂ・フレンチ」
テーマを表現する集団 「テーマ・アーラ」
大きなスカートをはいた「バイアーナ」の隊列
フリーダムに踊りまくる「パシスタ」
チームの旗を持つ男女のペア「ポルタ・バンデイラ&メストレ・サマ」
トップダンサーの「ハイティーニャ・ダ・バテリア」
サンバのリズムを掻き鳴らす「バテリア」
派で派手な山車「アレゴリア」
で構成されるとのこと。

参加チームはS1とS2があって毎年審査員のポイントで入れ替えがあるらしい。
なんかJリーグみたい。華やかさの中に厳しさあり、それがレベルアップにつながるんでしょうね。

ふむふむ。
勉強になるな。

予習はこのくらいにして、写真を見ながら復習してみましょう。

まずはトップダンサー。

IMGP7723.JPG

胸のタスキが「ハイティーニャ・ダ・バテリア」の証です。

つづいてパシスタ。

IMGP7303.JPG

この人達が来ると会場は大盛り上がり。

IMGP7793.JPG

動きはかなりフリーダムなので写真を撮るのが難しいです。
激しく踊ってくれる場所と、移動中心の場所があるけど、それは運次第。

IMGP7575.JPG IMGP7393.JPG IMGP7124.JPG

IMGP7308.JPG IMGP7110.JPG IMGP7353.JPG


踊る人の中でもいかにもサンバっていう格好の人と、テーマに合わせてアレンジされた衣装の人がいます。
後者はテーマ・アーラなのかな?
正直、このあたりは見分け方が良くわかりませんでした。

IMGP7830.JPG

テーマに合わせた作った衣装がバリエーションに富んでて面白いです。

IMGP7965.JPG

金のピストルでバキューン。

IMGP6938.JPG IMGP6858.JPG IMGP6884.JPG IMGP7641.JPG

衣装的に一番見ごたえがあるのが旗持役のポルタ・バンデイラ&メストレ・サマ。
地味な役回りが多いチームの男性陣にとっては、この役が一番人気なんじゃないかな。

IMGP7808.JPG

それにしてもこの衣装。いったい幾らくらいかかっているのでしょう。
毎年、新調するのは小さいチームには大変そうですね。

IMGP7152.JPG IMGP7779.JPG IMGP7338.JPG

IMGP7924.JPG IMGP7871.JPG IMGP7506.JPG

続いては裾が広がったスカート軍団のバイアーナ。
お嬢様系の衣装が多くて、これはこれでいいのではないでしょうか。

IMGP7745.JPG

隊列になると絵になります。

IMGP7421.JPG IMGP7855.JPG 

IMGP7395.JPG IMGP7917.JPG

忘れちゃいけないバテリア
サンバのリズムは彼らの仕事。
目と耳で楽しむのがサンバ。

IMGP7927.JPG

S1のチームになるとバテリアも音だけではなく目でも楽しませてくれます。

IMGP7818.JPG

表情も豊かでサービス精神も旺盛。
このあたりがS1とS2の違いなのかな。

IMGP7635.JPG IMGP7567.JPG IMGP7343.JPG

この人たちもバテリア?
楽器演奏だけでなく、歌を歌う人もいます。

IMGP7115.JPG

気持ちよさそうですね。

IMGP7639.JPG

パレードの最後にやってくるのがアレゴリアです。

IMGP7489.JPG

各チーム趣向を凝らしていて見応えがあります。
テーマに合わせて作っているので、これも毎年作り直しなんだろうな。

IMGP7577.JPG IMGP7599.JPG IMGP7977.JPG

サンバって金食い虫です。

ざーっとチーム構成を説明してみましたが、最後に色んな人達をまとめてアップ。

IMGP7651.JPG

この彼、スタバの回し者ではありません。
彼らのチームのテーマ「農業」(コーヒー豆の収穫)を演じてるのです。

IMGP7064.JPG IMGP7218.JPG IMGP7933.JPG

IMGP7773.JPG IMGP7883.JPG IMGP7674.JPG 

IMGP7046.JPG IMGP6987.JPG IMGP7346.JPG

様々な役割の人が、自分の役を演じ切って、一つのテーマを表現するのがサンバ。
フリーダムに見えて、チームワークが無いとトップにはなれない。

そんなことを考えながら見てみるとより楽しめました。
パンフレットが有料?って思ったけど100円分の元は取ったかな。

最後に場所取りについてですが、雷門通りは殺気立ってるので馬道通りの方がまだマシです。
10時頃位行けば最前列を取れるでしょう。
もし出遅れてもバス停とか、横断歩道とかの交通規制前は立ち入り禁止の場所を狙えば何とかなるかもしれません。

馬道通りは西日が当たるとビルの陰になるので、写真を撮る人は低いビルの前に陣取ったほうが、いい光で撮れると思います。ミスドの前は陰になってしまって厳しかったです。

チームが表現するテーマのストーリーについても書きたかったのですが、長くなったので別記事で書くことにします。

浅草サンバカーニバル ストーリー編

September 08, 2013 Sunday

各チームのストーリーについてはまた今度と書いてから一週間が経ってしまいました。

やっぱりオリンピック東京開催のことを書きますなんてことはせず、約束通りサンバカーニバルの続編をお送りしたいと思います。

最初に紹介するのはG. R. E. S. 仲見世バルバロス。
このチームのテーマは「旅」〜世界を超えて〜

順位は三番目でしたが、テーマ的には一番わかりやすかったです。

IMGP7767.JPG

では世界の旅にBALに乗って出発です。
パンフレットに書いてあるのはテーマのタイトルだけ、以下の解釈はあくまでも僕の解釈なので、かなり妄想が入ってます。

IMGP7891.JPG

BALのチケット。
From ASAKUSA via AROUND THE WORD to ウチュウ
乗客名は ENDO MINASAMA/MR MS

遠藤美奈様ではなくて、沿道の皆様ですね。
気付くのにちょっと時間がかかりました。

IMGP7775.JPG

最初に現れたのはインディアン達。
この航空会社は時空を越えられるのでしょうか。
それともどこかのテーマパーク?

IMGP7787.JPG

続いてハワイへ。
団体で買い物して、写真撮って。
この手の集団、最近は中国人が幅聞かせてますね。

IMGP7788.JPG

ビョーンと飛んでブラジルへ。
ブラジルと言えばサッカー。

IMGP7800.JPG

No.No.No.
「ブラジルと言えばリオ。リオのカーニバルね」とばかりにダンサーが登場。

IMGP7806.JPG

大西洋を越えて、この格好はスペイン?
マドリッド。オリンピック残念でした。

IMGP7840.JPG

またまた太平洋を越えて自由の国アメリカへ。

昔に戻れるならコロンブスに言ってやりたいですね。
先住民族を何百万人も殺すのは「自由」ではないですよって。

ちょっと話がそれました。

IMGP7844.JPG

寒いところにやってきました。
ここはパタゴニア?それとも南極。

どっちも行きたーい。

IMGP7857.JPG

氷点下の世界にいたと思ったら、

IMGP7872.JPG

えっ?
エッフェル塔。またまたヨーロッパですか?
BALさん、こんなに遠回りして燃料代大丈夫。
燃油サーチャージ めちゃくちゃ高いんじゃないの。

IMGP7848.JPG

「お客様 これはマイレージをたくさん付けて差し上げたいという私どもの真心です。」
とキャビンアテンダントが登場。

「それに、これから飛ぶ距離を考えたら ふふふ」
なんだこの意味深な微笑みは。

IMGP7887.JPG

昭和世代の人ならわかりますよね。
この自転車、赤いパーカー。
バッグの中にはきっとあれが。

そう「E.T]

宇宙へ向かってGO.

IMGP7888.JPG

最終目的地 ウチュウでございます。
場所はお客様自身でお確かめください。

「宇宙の歩き方」の地図には間違いが多いので気を付けてくださいね。


次は優勝したG. R. E. S. Uniao Dos Amadores。
ここのテーマは「バグズ カーニバル」

プログラマー的にはバグ多発の先にあるのはカーニバルではなくデスマーチ。
すみません。また話がそれました。

IMGP7519.JPG

「バグズカーニバル」=「虫たちのお祭り」
ですが、
僕の脳内変換では
「バグズカーニバル」=「手のひらを太陽に」

僕らはみんな生きている。

IMGP7488.JPG

てんとう虫だって。

IMGP7528.JPG

カマキリだって。

IMGP7530.JPG

ダンゴムシだって。

IMGP7544.JPG

カタツムリだって。

IMGP7500.JPG

そして草の一本まで。
みんなみんな生きているんだ友達なんだ。

華やかな役をもらった人達だけでなく、それこそ草の一本一本にいたるまで皆が活き活きしてて、それが優勝という結果になったのではと思います。

パンフレットによるとこのチームは学生さんのチームみたい。

社会に出ると自分が評価されていないんじゃないかとか、自分が役に立ってないんじゃないかとか思い悩むこともあると思うけど、そのときはこの日のことを思い出して欲しいです。

僕らはみんな生きている。
あっ、しまった自分の中でテーマがすり替わってる(笑

2チームしか紹介出来ませんでしたが、テーマを見て自分なりにそれを解釈しながら見るのも楽しいですよ。

最後に酷暑の中、素敵なパフォーマンスを見せてくれた皆さん。
ありがとうございました。

夏が終わる前に

September 23, 2013 Monday

IMGP6548.JPG

駅から会社までの並木道。
せわしなく鳴くセミの数を数えながら歩いてました。
あと少しで二桁なんてときは、もしかしてセミ探し名人?なんて思ったりもしたのですが、9月になったころから急に減り始め、今ではすっかり秋の虫の音に。

昔、杉山清貴が「襟なしのシャツに10月が来ても夏は終わらない♪」なんて歌ってましたが、さすがに10月を夏というのは無理があるかな。

というわけで夏と呼べるギリギリのこの時期にアップできなかった夏写真を載せちゃいます。

IMGP6560.JPG

まずは8月頭の江戸川の花火。
混んでいるところに行く気合いが無くなってきたので、今年ちゃんと見た花火大会はこれだけ。

家から歩いて行ける気軽さがいいです。
花火に映し出される船がいい味出してくれるんですよね。

IMGP6575.JPG

露光間ズーーーム!!!
シャッターを開けてる間にズームリングをぐりぐり回すとこんな写真が。
偶然のアート?がこの写真。

IMGP6706.JPG

空を泳ぐ金魚のような花火。

アート? 金魚?

ときたところで無理やりつなげます。

日本橋のアートアクアリウム。
今日が最終日だったそうです。
相変わらず情報ブログとしては役立たずのこのブログ(汗)

IMGP6851.JPG

会社帰りだったのでカメラはQ。
鞄に入る小ささがいいです。

IMGP6872.JPG

この小ささで魚眼が使えるのもいいです。
やっぱり魚を取るなら魚眼でしょ。

IMGP6889.JPG

私事ですが。。。
実は先日家で飼ってた最後の金魚がお亡くなりになってしまいました。

奈良に転勤中に金魚の名所大和郡山で買った金魚。
東京に帰ってから早2年。奈良は遠くになりにけり。

IMGP6935.JPG

話を戻して、流行りのプロジェクトマッピングは金魚水槽にまで。
映像の中を泳ぐ金魚達は宙に浮かんでいるかのようでした。

突然ですがニュースです。
イスタンブールを破って東京でのオリンピック開催が決まりました。

IMGP6942.JPG

東京タワーもしばらく五輪カラー。
そのちょっと前はドラえもんカラーだったのに。
流行に敏感な東京タワー君。

IMGP6988.JPG

2020年。
そのとき僕は何歳。あーーー考えたくないなぁ。
織田信長の時代なら人生が終わってるかも知れない年齢だぁ。

IMGP8815.JPG

最後は台風の後の夕焼け。

嵐が去った後、ホッとして見上げる空。
台風のあとの夕焼けって実は狙い目なんです。

↑の写真よく見るとスカイツリーと富士山が写ってるのわかりますか?

IMGP8852.JPG

なんて駆け足で夏を振り返ってみましたが、気づけば10月も目前。
いよいよ2013年も最終四半期に突入です。

『半沢直樹』の最終回も終わり、今週は『あまちゃん』も最終週。

早ぇーーーーーー!!

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。