CP+に行ってきました

February 03, 2013 Sunday

IMGP4056.JPG

パシフィコ横浜で今日までやっていたCP+に行ってきました。
CP+とはカメラのショーでちょっと前まではフォトイメージングエキスポと呼ばれていた展示会です。
なんでこんなわかりにくい名前になってしまったのでしょう。

まず向かったのは推しメーカーのペンタックス。
中に入るとエヴァンゲリオンの綾波とアスカがお出迎え。
このQ10のエヴァンゲリオンモデルは3種類合わせて4500台限定が予約でほぼ埋まってしまってるそうです。

IMGP4060.JPG

キャノンやニコンと比べて庶民の方を向いてくれるペンタックス、というかプロ向けが致命的に弱いペンタックス。
プロの写真だけでなく、カメラコンテストの写真も貼ってあるところが高感度アップです。

IMGP4071.JPG

100万画素だ200万画素だと性能アップが著しかったデジカメも今では必要十分なレベルに達してしまいました。
そこで最近目立つのが性能よりもデザインの良さで売ろうというモデル。
中でもクラシックスタイルのカメラはブームです。

最近の富士フイルムは完全にこの路線ですね。

IMGP4074.JPG

こちらは本当のクラカメ。
第一回カメラグランプリを受賞したニコンFAとその記念モデル。
クラシックデザインが流行りとはいえ、この金ぴかは今の時代には合わなさそうです。

IMGP4083.JPG

この昔懐かしい二眼カメラはBONZ社の製品です。
デジタル時代の二眼なので、かつての二眼と違ってどちらのレンズも撮影用。
片方が通常撮影用で、もう一つがティルト撮影用になってます。

トイカメなんで実用性を問うようなカメラではありませんが、こういう楽しいカメラがたくさん出てきてほしいです。

IMGP4051.JPG

カメラそのものへの興味が薄れてる今日この頃、メインで回ったのは各ブースのセミナー。
中でも面白かったのが蝶を追い求める、といっても↑の蝶ではなくて、昆虫を追い求める写真家 海野和男さんの話。

セミナーの前にコンパニオンが製品紹介をするのですが、そのときは↑の蝶を追い求める重装備のお爺さん達でぎっしり、彼らはコンパニオンが引っ込むと次の獲物を狙って民族大移動するので、そのタイミングを狙って席をゲット。

IMGP4055.JPG

でもって海野さんの話ですが、虫を捕るのがとにかく好きっていうのが溢れ出てました。
「パナソニックさんはもっといいレンズを勧めて欲しいかも知れませんが、この標準レンズは安いけどいいですよ」とか企業のスポークスマンになってないところが逆に信用できました。

カマキリと蝶の写真が素晴らしく、思わずマイクロ4/3もいいなと思えるセミナーでした。

IMGP4072-001.JPG

華のある写真も一枚。

このブース。重装備カメラ爺達の壁で何があるのかわかりませんでしたが、コンパニオンが消えるとその姿が現れました。

IMGP4086.JPG

Nakajima Racingのフォーミュラ・カーです。
かつてはレーシングカーの周りには人が集まったものですが、重装備軍団が去った後は人もまばら。

若者の車離れが言われてますが、お爺様方の車離れも深刻なようです。

IMGP4098.JPG

CP+を見た後に向かったのは横浜美術館の「ロバート・キャパ/ゲルダ・タロー 二人の写真家」

CP+と梯子してはっきりわかったのは、僕が好きなのはカメラその物ではなく、カメラを通して人それぞれの視点を知ることだということ。

同じ場所にいても注目する場所は人によって全然違う。それを見せてれるのがカメラ。

これからもたくさん写真を撮って、たくさん写真を見て、その視点の違いを楽しもうと思います。

今回の写真も全部 ペンタックスQです。
Tag:横浜 CP+

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。