ハノイ ニュースにならない日常

September 04, 2012 Tuesday

IMGP4661.JPG

今年の夏はベトナムのハノイとラオスのルアンパバーンに行ってきました。

帰ってきてからもう2週間が経ってしまいましたが、ハノイ編から旅行記スタートです。

最近、特別なものを見るよりも人間ウォッチングが楽しいです。
当たり前の生活をしている人達を見てると、世界中どこへ行っても人が求めるものは同じなんだななんて思ってにやけてしまったり。

そんな人間ウォッチング派にお薦めなのが夕方のホアンキエム湖の散策。
一周回るだけで、思い思いに時を過ごすハノイの人達の姿を観察することができます。

IMGP4678.JPG

↑秘密のガールズトーク?



↓秘密のボーイズトーク?

IMGP4654.JPG

フォークギター抱えて熱く歌う若者たち。

IMGP4652.JPG

オープンエアのトレーニングジムで力こぶを作るちょっと怖そうなおっさん。

IMGP4674.JPG

ふしぎな体操をするおばちゃん達。

IMGP4663.JPG

最近ニュースを見て思います。
なんで壊れてしまう前の平和な日常の映像を流さないのかと。

シリアやアフガンの人は前から銃を撃ちあっていたわけではないし、パレスチナの人が皆自爆テロをしたがっているわけでもない。

その国の日常を知らない人に、非日常だけ流しても、間違えた先入観を植え付けるだけなんじゃないかな。
あの国はそういう国だから仕方が無いって。

IMGP4664.JPG

戦後が日本よりも短いベトナム。
穏やかに湖を眺める二人の老婦。この二人もかつては激動の半生を送ってきたのかも知れません。

ニュースにならない日常の中でもがく毎日。
笑ったり、泣いたり、はしゃいだり、落ち込んだり。

それが幸せなのかななんて思う今日この頃。

ニュースが非日常ばかり流すなら、自分の目で日常を見ればいい。
世界の人間ウォッチング。しばらくやめられそうにありません。

ハノイ 喧騒の中の静寂

September 11, 2012 Tuesday

IMGP4694.JPG

バイクの川が流れる東南アジア的風景。

IMGP4705.JPG

ハノイも例外ではありません。

IMGP4728.JPG

様々なものが行き交う混沌とした世界。

IMGP4699.JPG

それを見ながら地べたに座って僕はフォーをお腹へ流し込む。

IMGP4709.JPG

落ち着いて通りを見て気付くこと。
混沌として見えた世界が、実は規則正しいということ。

IMGP4724.JPG

バイクの川は淀むことなく流れていき。
その中を当たり前のように人が渡っていく。

車の音、足跡、様々な音がするけど、話声は意外と少ない。

狭い路地につっこみ立ち往生しクラクションを鳴らしまくり、その音に負けない声でしゃべりまくるアラブ系とは大違い。

IMGP4727.JPG

渋谷のスクランブル交差点を見た外人は、四方から歩いてきた人がぶつかることなく交差していく様子に驚くそうだ。

ハノイの人達にスクランブル交差点を歩かせても、結構うまいことやるのではないか。
そんなことを考えたハノイの夜。

絞りすぎたライムが少し酸っぱかった。
Tag:ハノイ

ハロン湾 せっかくなので世界遺産へ

September 17, 2012 Monday

IMGP4857.JPG

航空券を手配するときに、ハノイ経由ならついでに世界遺産のハロン湾にも行ってみようかと、ハノイで二泊することにした今回の旅行。

泊まったホテルでツアー手配をしてたので、ちゃっちゃと申し込み翌日マイクロバスでハロン湾へ。
ツアー代金は4000円くらい。

IMGP4861.JPG

このハロン湾日帰りツアー。
何が含まれているかと言うと。

IMGP4849.JPG

お約束のお土産屋さんでの休憩。

IMGP4876.JPG

船でのクルージングでは途中鍾乳洞にも立ち寄ります。

DSC_0215.JPG

食事はこんな感じ。

IMGP4912.JPG

カヤック体験などもあり、なかなか楽しい一日を過ごせました。

IMGP4916.JPG

ただこのツアー。数年前に船の事故があってから出航条件が少し厳しくなったみたいで、海が荒れると船が出ないこともある模様。

僕がツアーに参加してラオスへ向かった後、ハノイに台風が直撃したのですが、その影響でハロン湾まで行ったけどクルージングは出来なかったという人に帰りの空港で会いました。

どうしてもハロン湾を見たいという人は少し余裕をもった日程にしておいた方がいいかも知れません。

次回からはいよいよラオス ルアンパバーン編が始まります。

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。