韓国・モンゴル旅行 その8 シャーマンとの遭遇

August 08, 2012 Wednesday

IMGP2744.JPG

久しぶりに書くモンゴル編。
これだけ間が空くと、ちょっと緊張します(汗

エルデニ・ゾーの近くのゲルで一泊した僕達が向かったと言うか連れて行かれた場所が上の写真。

ここはどこ?
どうやら今日ここでシャーマンの儀式が行われるらしい。

IMGP2726.JPG

左がツアーガイドのホギさん、そして右がその妹さん。
妹さんはシャーマンの世話役とのこと。

実はモンゴルにはシャーマンがたくさんいて別にめずらしくもない存在らしい。

IMGP2729.JPG

聖なる木?には飾られてた人形。
良く見ると白いしみが。

IMGP2734.JPG

なんだろうと思ったらお清めのミルクでした。
結構豪快に巻いてるので油断してるとお清めされちゃいます。

なんて興味津々だったのはこの頃まで。

山の上で儀式をしているらしいシャーマン達はなかなか帰ってきません。
照りつける太陽に疲労困憊。

な〜が〜〜〜い
な〜が〜〜〜〜〜〜い

な〜〜が〜〜〜〜〜〜〜〜い

時間が過ぎた後、ついにシャーマン達が登場。
なんと車で登場。

IMGP2747.JPG

車から降りて歩いてくるシャーマン達。
待って待って待ちくたびれた儀式がいよいよ始まるはず。

と思ったら。

IMGP2752.JPG

あれっ?あれれれれ?
親戚っぽい人とご歓談スタート。

和気あいあいとした雰囲気。
時間がかかったのは山の上でもお弁当でも食べながらくつろいでいたのではなんて疑いたくなるくらいのほのぼのさ。

IMGP2740.JPG

シャーマンの儀式ってもっとスピリチュアルなものかと思ってたけど、ここのは親族が集まるついでに儀式もやるかくらいのものにみえます。



「そろそろ帰りませんか」とガイドに言いたくなるのを10回くらいこらえた頃、ようやく儀式開始。
トランス状態で太鼓をたたくお兄ちゃんが倒れると・・・

IMGP2775.JPG

おぇ〜 おぇ〜 うぇ〜
白い薬のようなものを飲んでひたすら吐きまくります。

どうやら吐いたり、牛と間違えるようなゲップをすることによって体内の悪いものが外に出ていくらしい。
ひたすら待ったあとは、ひたすら続くゲロとゲップの世界。

みなさんが居酒屋の前に酔っ払い軍団に会ったとき、そっと観察してみてください。
リバースしている彼、彼女は実はシャーマン候補生なのかも知れませんよ。

おぅえ〜

韓国・モンゴル旅行 その9 モンゴルで感じた生きる力

August 29, 2012 Wednesday

IMGP2821.JPG

お盆休みの旅行の話をする前に、中途半端になってるGWのモンゴル編を締めます。

僕がここに取り残されたら果たして何日生きていけるのだろうか。
まだ草茂る季節には少し早い乾燥した大地を見て僕が思ったこと。

IMGP2839.JPG

どこまでも続く大地、それは自由。
でもその自由を自分のものにするには、そこで生きていく強さが必要だ。

昔の人が気付いてきた文明の上に胡坐をかいて、お金さえあれば何でも買える世の中。
何でも出来るようでいて、実は何も出来ない自分。

IMGP2856.JPG

そしてもう一つ思ったこと。
それは人もこの大地の上で生きる動物にすぎないということ。

この大地に生まれ、この大地に帰っていく。
死んでいったものは、次を生きる者たちのエネルギーになり、時間はぐるぐる回っていく。
シンプルだからこそ見えてくる輪廻の世界。

IMGP2560.JPG

でもそれは東京でも同じこと。
複雑すぎて、それが見えにくいだけ。

IMGP2921.JPG

自分の足でしっかり歩いているのか?
それともただ流されているだけなのか?

どんどん厳しくなっていく世の中。
自分の足で地球にしっかりと足跡を残せるよう、もう一度自分を見つめ直さないとね。

と、モンゴルで僕も考えた的な話で、この旅行記を締めたいと思います。

次回からベトナム&ラオスというか正確にはハノイ&ルアンパバーン編が始まります。
お楽しみに。

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。