雨中の激闘 砂かけ祭

February 11, 2010 Thursday

10日間も更新サボってしまいましたが、久しぶりに更新します。

今日は奈良の奇祭の一つ廣瀬神社の砂かけ祭に行ってきました。
奇祭と言えば昨年行ったこんな祭もありましたが、砂かけ祭りはそっち系ではなく、水の代わりに砂をかけあうという豪快な祭りなのです。

ちなみに砂かけ祭も五穀豊穣を願う御田祭の一つ。豊作にかける真剣な気持ちがちょっと変わった祭を生み出すのかも知れません。


Sea&Sea DX-8000G(Richo GX-8)

砂かけ祭は午前の部と午後の部にわかれているのですが、正統派の午前の部(殿上の儀)はパスして、午後から行ってきました。

午後の部は、御諏訪太鼓特別奉納から始まります。


Sea&Sea DX-8000G(Richo GX-8)

そしていよいよメインの砂かけへ。
説明するよりも、実際の様子を見た方がわかりやすいと思うので、まずは上の動画を見てみてください。

後半の方が盛り上がるので、最後まで見てくださいね。


Sea&Sea DX-8000G(Richo GX-8)

砂が飛び交う現場に一眼レフを持ち込むのは不安だったので、今回はダイビング用のプロテクタにコンデジを入れて撮影。

すっかりじゃりじゃりになってしまいました。
次のダイビングで水没しないよう、しっかりメンテしないと。

IMAG0098.JPG
Sea&Sea DX-8000G(Richo GX-8)

砂かけが終わると巫女さんによるお田植の儀式が行われます。
巫女さんが退場した瞬間に、苗に飛びつく子供たち。

僕も含め初めての人はその素早さに呆然。

IMAG0105.JPG
Sea&Sea DX-8000G(Richo GX-8)

最後は、餅がばらまかれるはずでしたが、悪天候のため投げられたのは松苗だけ。

お餅は鳥居の下で手渡し。

IMAG0111.JPG
Sea&Sea DX-8000G(Richo GX-8)

しっかり両方いただいてきました。

ほぼ100%雨の天気予報を裏切って奇跡的に持ちこたえていた天気が、儀式が始まると一瞬雪に、その後強い雨に変わりました。

砂かけ祭りの雨乞いパワーの前には、僕の「ぎりぎり雨を降らせないパワー」は無力でした。

最後に注意事項。
雨合羽を着るなど砂対策は万全に。
そして見てるだけじゃなくて、実際に参加する。

そっちの方が絶対に楽しいですから。

奈良公園 恋人たちのなら瑠璃絵

February 14, 2010 Sunday

IMG04075.JPG
camera:K20D+PENTAX FA 50mm F1.4

11日から14日まで奈良公園で開催されているなら瑠璃絵
公園を瑠璃色に染めるライトアップイベントを、昨晩 休日出勤のあとに覗いてきました。

↑の写真は右上のPICASAアイコンをクリックするともっと大きくて、キラキラした写真が見れます。

IMG04069.JPG
camera:K20D+PENTAX FA 50mm F1.4

近鉄奈良駅から浮雲園地のメイン会場に向かうと入口で「しあわせ葛入りココア」を売っていて、それには願い事を書く短冊もセットになってます(短冊だけでも購入できます)。

美味しいココアで暖まったあと、冬七夕ツリーと名付けられたライトアップされたオブジェに願い事をかける。目の前には青く光る若草山。

「し・あ・わ・せ」
なんてカップル向けの演出のようです。

IMG04090.JPG
camera:K20D+PENTAX FA 50mm F1.4

そう言えば今日はバレンタインデーですもんね。

ドラクエのすれ違い通信の地域格差が400倍なんてニュースがありましたが、奈良に来てから異性と話す機会が控えめに計算しても1/400くらいになってる僕にはそんなの関係ありません(涙

IMG04110.JPG
camera:K20D+SIGMA 17-70mm F2.8-4.5 DC MACRO

仕事帰りの疲れた顔で歩くには、バレンタインパワーが充満するメイン会場はちょっと場違い。

「あのレーザーの正体を突き止めるんだ」と目指したのは若草山。

ちなみに遠くで青く光ってるのが若草山です。

IMG04126.JPG
camera:K20D+smc PENTAX-M135mmF3.5

じゃーん、若草山のレーザーを激写。

ここまで来るとバレンタインパワーどころか人気も無く。
山焼きで焼かれた山肌が目の前に広がってます。

メイン会場とは逆にここはちょっと寂しすぎ。

IMG04056.JPG IMG04067.JPG
camera:K20D+PENTAX FA 50mm F1.4

なら瑠璃絵ははメイン会場以外にも、興福寺、東大寺、春日大社へ向かう参道沿いなど、奈良公園全体がライトアップされています。

上の二枚は春日大社へ向かう参道沿いのライトアップ。

詫び寂びが好きな人は、メイン会場よりこの辺りの方がお勧めかも。

今晩が最終日、まだ行かれてない方は是非。

東大寺ライトアップ編はまた後日。

光と影の東大寺

February 18, 2010 Thursday

IMG04123.JPG
camera:K20D+SIGMA 17-70mm F2.8-4.5 DC MACRO

光しかなければ全てがのっぺらぼうになってしまうけど、闇の中では何も見えない。

光と影を調和させ、陰影を際立たせてくれる素敵な演出。
それがライトアップ。

先週、なら瑠璃絵を見に行ったとき、ライトアップ中の東大寺にも足を延ばしてきました。

IMG04121.JPG
camera:K20D+SIGMA 17-70mm F2.8-4.5 DC MACRO

絶対にライトアップされているときに見て欲しいのが、南大門の仁王像。

素晴らしい肉体美。
これなら風呂上がりに自分のボディに惚れぼれして、「あ〜」とか「う〜ん」とか声を出してても文句は言えません。

IMG04135.JPG
camera:K20D+SIGMA 17-70mm F2.8-4.5 DC MACRO

入場料を払って大仏殿へ。
仁王像のような攻撃的な鋭さはありませんが、昼よりも深みを感じます。

IMG04147.JPG
camera:K20D+PENTAX FA 50mm F1.4

このどっしりとした構え。
素晴らしい造形です。

IMG04151.JPG
camera:K20D+PENTAX FA 50mm F1.4

脇役達も輝きを増す夜の東大寺。
昼間よりもお勧め度はかなり上。

IMG04172.JPG
camera:K20D+PENTAX FA 50mm F1.4

期間は限られてますが、チャンスがあったら是非。
いつも見てる東大寺とは、一味違う東大寺が見れますから。

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。