京都・永観堂 熟々の夜モミジはいかが?

December 01, 2008 Monday

IMG08717.jpg
camera:K20D+PENTAX FA 50mm F1.4

紅葉の永観堂って言うじゃな〜い。
でももう見ごろ過ぎですから〜
残念!!

今日からもう12月。
時間が経つのは本当に早いですね。

どの局を回しても「ざんね〜ん」って聞こえてきた年末も今は昔。

IMG08736.jpg
camera:K20D+PENTAX FA 50mm F1.4

リアルタイム紅葉情報によると、他の京都の寺が軒並み見ごろなのに、ただ一つ「見ごろ過ぎ」になっていた永観堂。

でも僕の経験上、青葉が目立つ「見頃なりたて」よりも、落ち葉も楽しめる「見ごろ過ぎなりたて」の方が絶対に綺麗なのです。

IMG08686.jpg
camera:K20D+PENTAX FA 50mm F1.4

京都のライトアップというと、30分待ちは覚悟しないといけないのですが、混雑を避けて8時半頃に入ったせいか、「見ごろ過ぎ」効果か、なんと待ち時間0分で入れました。

昼見たら、傷んだ葉が目立ったのかも知れませんが、ライトアップは百難隠す。

昨晩の永観堂は、はっきり言って穴場でした。
ラッキー!!

IMG08677.jpg
camera:K20D+PENTAX FA 50mm F1.4

とろけてしまいそうな熟々の夜モミジ。
たっぷり召し上がれ。

まだまだ続きます

宇治で紅葉ハイキング!!

December 03, 2008 Wednesday

IMG08526.jpg
camera:K20D+SIGMA 17-70mm F2.8-4.5 DC MACRO

前回、永観堂のライトアップを紹介しました。
順番が逆になってしまいましたが、今日はその日の午後に歩いた宇治を紹介します。

宇治紅葉ハイキングのスタートは宇治駅。
そこから、宇治川沿いを歩いて興聖寺に向かいます。

先陣争いで有名な宇治川の流れは今日も速く。
巨大な歴史の生き証人達が大きく枝を広げています。

IMG08529.jpg
camera:K20D+SIGMA 17-70mm F2.8-4.5 DC MACRO

紅葉の名所 琴坂の紅葉のトンネルをくぐって興聖寺へ。
さすがに人が多く、シャッターチャンスを掴めず。

IMG08548.jpg
camera:K20D+SIGMA 17-70mm F2.8-4.5 DC MACRO

興聖寺の脇から仏徳山の登山道に入ります。
落ち葉を踏みしめながら、上を見上げると秋の錦。

曇っていたのが残念でしたが、たまに日がさしたときの美しさは格別でした。

IMG08542.jpg
camera:K20D+SIGMA 17-70mm F2.8-4.5 DC MACRO

頂上の展望台で宇治を一望。
藤原 頼通の全盛期には、どんな景色が広がっていたのでしょうか。

まだまだ続きます
Tag:宇治 紅葉

オーストリア リンツの優しさに触れる

December 05, 2008 Friday

IMG06245.jpg
camera:K20D+SIGMA 17-70mm F2.8-4.5 DC MACRO

チェコのチェスキー・クルムロフからオーストリアのハルシュタットへ行く途中に、一泊するためだけに寄ったリンツ。

ザルツブルグと悩んだけど、泊まるだけだから遠回りにならない方がいいという理由だけで選んだリンツ。

IMG06263.jpg
camera:K20D+SIGMA 17-70mm F2.8-4.5 DC MACRO

正直あまり期待していなかったし、ほんの数時間の滞在で判断するのは乱暴だけど実際良くある普通の街で観光的には面白みのない街でした。

IMG06257.jpg
camera:K20D+SIGMA 17-70mm F2.8-4.5 DC MACRO

しかしです。
旅は出会い、旅は人。

駅からリンツの中心ハウプト広場へ行き方を聞いたときの、おじいさんとおばあさんの優しい笑顔が忘れられません。

ドイツ語?だから言葉はよくわからなかったけど、ちゃんと正しい電車に乗るのをじっと見ていてくれて、乗る前にお辞儀したら、ニコって最高の笑顔を見せてくれたのです。

もうそれだけで、リンツ最高!!
リンツの人って優しい!!

すみません。単純で。

IMG06269.jpg
camera:K20D+SIGMA 17-70mm F2.8-4.5 DC MACRO

そんなこともあって、少しでも綺麗にリンツの街を撮ってあげようと思って頑張りました。

ドナウ川流れる街リンツ。
いかがでしょう。

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。