最後の朝と最初の朝

January 07, 2008 Monday

IMGP0016.jpg
camera:K100D+PENTAX FA 24-90mm F3.5-4.5

2008年がスタートして一週間。
ようやくブログ再開です。

贅沢は言わないので、今年は自分の周りの人が皆健康で、年末にお世話になった人に年賀状を書ければそれだけでいいかな。

昨年は喪に服していたので・・・

お互い体だけは大事にしましょう。

IMGP0064.jpg
camera:K100D+PENTAX FA 24-90mm F3.5-4.5

さて年末は奈良から車で横浜の実家に帰ったわけですが、ETCの深夜割引狙いで真夜中の移動。

どこかしら混むかと思っていたのですが渋滞はまったくなく、まっすぐ帰ると朝の4時過ぎには着いてしまいそうだったので、東名高速を途中で降りて湘南方面にルートを変更しました。

実家は横浜の南の外れなので、早朝なら海岸線を走る方が気持ちいいのです。

時間調整で茅ケ崎で2007年最後の日の出を観賞。
烏帽子岩が遠くに見える♪って感じの一枚目と
江ノ島が見えてきた俺の家も近い♪って感じの二枚目。

烏帽子岩見つけられましたか?

ちなみにこれは30日の朝。
31日は起きたらもう太陽は高いとろこでお仕事中でした(汗

IMGP0103.jpg
camera:K100D+SIGMA APO 70-300mm F4-5.6 DG MACRO

三枚目と四枚目は2008年の初日の出。
場所は恐らく津久井浜あたり。
なんてローカルな地名出してもわかりませんね。

三浦半島の東京湾側、向かいの房総半島から昇る初日の出です。

IMGP0115.jpg
camera:K100D+PENTAX FA 24-90mm F3.5-4.5

今年はうるう年なんで、一回多いけど、あと359回太陽が昇ってきたらもうおしまい。

毎日太陽は昇ってくるけど、特別な日以外は気付かないでいるように、何気なく過ぎてしまっている一日も多いですよね。

そんな名も無き毎日達に、思い出という名前を付けてあげられるように、今年もチャレンジする気持ちを忘れないで行こうと思ってます。

横浜 故郷は遠くにありて思うもの

January 09, 2008 Wednesday

IMGP0147.jpg
camera:K100D+PENTAX FA 24-90mm F3.5-4.5

お台場、幕張、みなとみらい。
バブルの頃、東京湾のベイエリアに競うように建てられたビル群達。

これらの中で僕が一番好きなのは横浜のみなとみらい地区。
ビルの集合体としては、一番良くデザインされていると思います。

まぁ親ばかというか、故郷ばかなんですが。

IMGP0193.jpg
camera:K100D+PENTAX FA 24-90mm F3.5-4.5

2歳から大学卒業までを過ごした横浜は今でも僕のホームタウン。
千葉生活も長かったけど、故郷はやっぱり横浜。

今までは、行こうと思えばいつでも行けたけど、さすがに奈良からではそうもいかないのでしっかりと目に焼き付けてきました。

IMGP0223.jpg
camera:K100D+PENTAX FA 50mm F1.4

「故郷は遠くにありて思うもの」

離れてみて、その良さを再確認。
海のある街って、やっぱりいいですね。

IMGP0260.jpg
camera:K100D+smc PENTAX-F 28mm F2.8

ホームシック対策にたくさん写真を撮ってきたのですが、悔やまれるのは三脚を持ってきていなかったこと。
Wii Fitのヨガで鍛えたバランス感覚で耐えてみましたが、まだまだ鍛練が足りないようです。

次に横浜に帰るのはいつになるんだろう。
横浜の皆さん、奈良までハマ風を送ってください。

富岳百景 2/100

January 13, 2008 Sunday

IMGP0296.jpg
camera:K100D+PENTAX FA 24-90mm F3.5-4.5

お正月に実家に帰ったときの「奈良県に持って帰ろう」シリーズ

湘南の海、横浜みなとみらいにつづく第三弾は富士山です。

千葉勤務のときには、天気がいい日に会社の窓から見えると、少し幸せになれた富士山も関西からでは見れません。

正確にはごく稀に見える場所もあるみたいですが、関東で富士山が見える幸せが普通の吉だとすると、関西から富士山が見える幸せはきっとやばいくらいの大吉

IMGP0303.jpg
camera:K100D+SIGMA APO 70-300mm F4-5.6 DG MACRO

帰りの日、天気が良かったので、静岡でちょっと寄り道。
富士山をお土産に持ち帰ってきました。

まず最初のポイントは東名高速の富士川SA
源平合戦の古戦場となった富士川のバックに悠然とたたずむ富士山。

水鳥が一斉に飛び立った音に怯えて平家が逃げ出したという有名な話も、真実なのか後世に勝者(源氏)によって作られたものなのか、様々な説があるようですが、富士山だけはすべてを知っているのでしょう。

IMGP0363.jpg
camera:K100D+PENTAX FA 50mm F1.4

富士川SAのスマートIC(ETC専用インターチェンジ)で高速を降りて向かった第二のポイントはさった峠

海と富士がきれいに見えるポイントです。

IMGP0402.jpg
camera:K100D+PENTAX FA 24-90mm F3.5-4.5

丁度いい感じに柵の杭があったので、そこにカメラを置いて夜景撮影にも挑戦。
いかがでしょう。

話は変わりますが、転勤前に買った新車のエアウェイブ。
通勤ではリッター10Kmくらいしか走らなかったのが、高速走行ではリッター18Km近くまで行きました。

やればできる子なんだなぁと少し見直してしまいました。

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。