上京物語

October 02, 2007 Tuesday

IMAG0028.jpg

暑いだけの夏や、寒いばかりの冬と違って春と秋は変化の季節。
今年の秋は、僕にとっても大きな変化がありました。

10月1日付けで異動になりました。

そんでもって上京します

上京と言っても、東京ではなく、ましてや北京でも南京でもなく。

平安京よりも更に時代を遡って・・・

そう平城京。

10月末から奈良県民になります。

IMGP7553.jpg

関東で生まれ育った人間なので、そこを離れるのはやっぱり寂しいです。

好きな人、好きな場所、好きな店・・・

会社の窓から見えた富士山に東京湾。
実家への帰り道だったベイブリッジにレインボーブリッジ。

異動が決まってから、今まで当たり前に目に入ってきたもの一つ一つがとても愛おしく感じられます。

IMGP7584.jpg

ああ江ノ島が霞んでいく。

でもこうして名残惜しさを感じられるのも一つの幸せ。

奈良での勤務は二年間の予定。

この二年間で関西でも帰りたくなくなるような思い出がたくさんつくれたらって思います。

関西在住の皆さんよろしくお願いいたします。 m(_ _)m

タオ島 夏の幻

October 05, 2007 Friday

IMGP6032.jpg
K100D+smc PENTAX-F 28mm F2.8

引越しの日まであと2週間。
まとまった時間が取れないので、毎日すこしずつ荷物の整理を進めているのですが、ひょんな所からひょんなものが見つかったりして、その度に時間旅行をしてしまうのでなかなか進みません(汗

IMGP6021.jpg
K100D+smc PENTAX-F 28mm F2.8

昔といえば、タオ島で過ごした夏の日も、今でははるか昔のことのように思えます。
まさか奈良で冬を越すことになるなんて思いもしなかった、あの夏の日。

IMGP6060.jpg
K100D+SIGMA 17-70mm F2.8-4.5 DC MACRO

食べて、街に出て、海を眺めて、また食べて。

そんな一日が似合う南の島の夏時間。
都会のような暮らしはできなくても、ここにしかない時間が流れていた南の島の夏。

IMGP6072.jpg
K100D+SIGMA 17-70mm F2.8-4.5 DC MACRO

ここにしか咲かない花
ここにしか吹かない風
ここでしか聴けない歌
ここでしか見えないもの


海のない県で、夏の幻にすがりたくなったら、コブクロをBGMに車を飛ばして紀伊半島にしか無いものを探しに行こう。

でもこの歌を聴くと「瑠璃の島」の海を思い出してしまいそう。

海が見えない毎日。
それが一番さびしい。

生駒山の上からなら海が見えるかな。

「日本のどこに行きたいの?」と聞いたら「沖縄」と大きな声で答えてくれたウズベキスタンの日本語学科の学生さんの気持ちが少しわかったような気がします。

あっ、いけないブログ書きながらまた時間旅行してる・・・

現実に戻って荷物を片付けないと。

※写真の下にカメラ名とレンズ名を記してみました。

タオ島 バラクーダをパパラッチ

October 08, 2007 Monday

IMAG0191.jpg
Sea&Sea DX-8000G(Caplio GX8)

懐中電灯の明かりだけが頼りのナイトダイビング。
今回は5日間の間に2回もナイトを潜ってしまったのですが、2回目のナイトはなかなかエキサイティングでした。

昼間は規則正しく群れを作ってチームプレーに徹しているバラクーダ達は、夜になると一匹狼になって、眠ってる小娘小魚達を襲います。
まるで試合の後に豪遊する野球選手やJリーガーのようです。

この夜、僕たちに与えられたミッションはそんなバラクーダ達を追跡して決定的瞬間をパパラッチすること。

潜行して15分くらい経ったころ、ついにターゲットを発見。
あとはひたすら追うだけ。

ところが、このバラクーダのどん臭いこと。
無抵抗の小魚でさえ捕えられません。

「ほら、そこだ、押せ、押しが弱い」

僕も友達からよくそう言われるので、あまりこのバラクーダ君の事を悪くは言えないのですが・・・


ひたすら続くバラクーダチェース。
そんな中でもダイバーたるものエアのチェックを怠ってはいけません。

残圧は100を少し切ったくらい。
いつもなら、ここで一回目の合図なのですが、他のメンバーを見るとそれどころではない模様。

ここは別の意味で空気を読んで、合図はパス。
50切ったら合図をしよう。

そういえば夜光虫タイムも、今回は無し?
まぁ前を泳ぐ人のフィンのまわりがキラキラしていたから、それでOK。

結局、へたれバラクーダは最後まで獲物をゲットすることができず、エア切れで尾行を断念。

4名の合計がなんと50

30,20,0,0。
あはは。

ちなみに僕は残り30、一番省エネでした。
※だいたいタンク満タンで200前後です。

バラクーダの捕食シーンは、1回目のナイトで見ていたのですが、見れなかった2回目のナイトの方が遙かに記憶に残るダイブでした。



Sea&Sea DX-8000G(Caplio GX8)

↑はヤドカリとコショウダイの幼魚とブルースポッテッドスティングレイ。
ミッション開始前に撮影したものです。

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。